« 競馬絵日記:タップダンスシチーに脱帽の宝塚記念(G1)その他 | Main | 映画「永遠のモータウン」やっと、観た »

ハンドロールピアノにびっくり

丸ビルの中の、山野楽器をふらふらしていたら、こんなのを見付けてしまった。


★即納できます!★【NEWバージョン】《ACアダプターサービス!》ハンドロールピアノ49K
★即納できます!★【NEWバージョン】《ACアダプターサービス!》ハンドロールピアノ49K
↑楽天ICHIBA楽器天国

うおっぉ、なんじゃこりゃあ。凄ぇ。ぺらぺらピアノ。鍵盤がシリコンラバー。脇のコントロール部分がABS樹脂。重さは850g。くるくる巻物状に丸めてしまえる形のインパクトは抜群。キーボードは、ギターやウクレレなんかに較べるとどうしても携帯性に欠けるのですが、これだったら、宴会の場所に気軽に持ち込む事も出来そう。ま、広げる場所はいりますが。

早速、「イズンシーラーブリー」って、単音で、ぽろぽろ弾いてみました。ぺらぺらのシートを押さえるだけなので、「弾いてる」という実感が全くないのですが、新しい体験で、ちょっと、コーフンしました。結構、ちゃんとしたピアノの音が出るし。

同時発音数は、いくつか、わからないけど、そんなに沢山は、ない感じ。黒鍵と白鍵との高さの差がないので和音をじゃじゃじゃんと弾こうとすると、つい、隣の所まで、一緒に押さえちゃったりして、すると途端に、音がぶつぶつ切れ出すので、16音位のような気がします、まさか、今時、8音という事もないでしょうし。でも、絶対、32音はなさそうです。(憶測ですけれど)。

ヘッドホン端子があるので、夜中、机の上なり、床の上にびろーっと、広げて、一人スティーヴィー気分で遊んでも、隣から五月蝿いと文句も言われる事はない。

だけど、MIDI端子もついてないシンプルな物だけに、現状では、ちょっと、面白い携帯性抜群の楽器おもちゃ、といった感じですね。店に置いてあったチラシには、作曲家の小林亜星さんの推薦のコメントが書かれていて、「列車での移動中でも重宝しています」なんて書いてある。成る程ぉ、使う人が使えば、単なるおもちゃ以上に使いこなせるのだな。

私は、ただ、ぽろぽろ弾くしか能がないので、続けて、「マスターブラスター」をやろうとしたら、49鍵(4オクターブ)しかないので、低い所がすぐつかえてしまいました。アレンジを工夫すれば良いのかもしれませんが。

サイトを探してみたら、「8月下旬に61鍵盤バージョン発売予定」という事で、これは、「パソコンや電子楽器と接続できる端子付(MIDI端子の事でしょうね)」らしいです。これは、なかなか、そそるかも。


YAMANO MUSIC Online:楽器/楽譜 ハンドロールピアノ


|

« 競馬絵日記:タップダンスシチーに脱帽の宝塚記念(G1)その他 | Main | 映画「永遠のモータウン」やっと、観た »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28782/862352

Listed below are links to weblogs that reference ハンドロールピアノにびっくり:

« 競馬絵日記:タップダンスシチーに脱帽の宝塚記念(G1)その他 | Main | 映画「永遠のモータウン」やっと、観た »