« 「人間の証明#3」のエンドテーマ。二度目は、そう、変じゃなかった。 | Main | 青山ブックセンターの想い出と深夜特急 »

上原多香子の「Make-up Shadow」

新星堂高円寺店閉店セールにて。ハイエナによる収穫物第二弾は、Make-up Shadow(CCCD)[MAXI] / 上原多香子」。190円也。

1996年デビューの沖縄出身の四人組ユニットSPEED。唄って、踊って一斉を風靡したといっても過言ではないと思うけれど、その中で、一番、私の、お気に入りだった上原多香子ちゃんは、1999年からソロ活動を開始し、2003/03/12、第8弾シングルで、井上陽水のカバーにチャレンジする。

初めて聴いたのは、先輩宅のFMラジオだった。聞き終わって、「何だか、陽水さんのオリジナルと比べると、どうも、物足りないですね~」と感想を言うと、「そんなの当たり前だ」と返された。今、改めて、聴き直してみても、基本的にその感想は変らない。

しかし、この怪しい歌詞を、過度に、感情を込めずに、あくまで、ナチュラルに、自分の色を極力出さず、無色透明に唄い切るのも、ある意味、希有な事であるかもしれない。また、そのお蔭で、サビの部分で「リアルでシュールな、あーおーいシャードウォーに」っていう部分だけ、かすかに、捻って唄ってみせようかという感じがいとおしく感じられる。

いいの、多香子ちゃんは。井上陽水の唄を唄ってくれてる、っていう事実とその存在だけで、もう、充分に、素敵だから。

Make-up Shadow(CCCD)[MAXI] / 上原多香子」(2003/03/12)
Make-up Shadow(CCCD)[MAXI] / 上原多香子

::: 上原多香子 Official Web Site :::

UNDER THE SUN/井上陽水(1993/09/15)
「Make-up Shadow」オリジナル収録

|

« 「人間の証明#3」のエンドテーマ。二度目は、そう、変じゃなかった。 | Main | 青山ブックセンターの想い出と深夜特急 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28782/1030115

Listed below are links to weblogs that reference 上原多香子の「Make-up Shadow」:

« 「人間の証明#3」のエンドテーマ。二度目は、そう、変じゃなかった。 | Main | 青山ブックセンターの想い出と深夜特急 »