« ハンドロールピアノにびっくり | Main | 競馬日記:占い信ずるべからず。TUF杯その他。望みは、最早、明日の函館スプリントS(G3)のみ。 »

映画「永遠のモータウン」やっと、観た

GWの頃から渋谷で単館上映されていて、観に行こうと思いながら、今まで、延び延びになっていた「永遠のモータウン」(原題「Standing in the Shadows of Motown」)を、昨日、やっと観てきた。

永遠のモータウン Official Site

永遠のモータウン
永遠のモータウン(2004/11/25)DVD発売

場所は、新宿のK's cinema。ここは、昔、昭和館といって、任侠物とか、お色気映画専門に上映していて寂れた雰囲気がちょっと、味わい深い所だったけれど、流石に、それでは立ちゆかなかったと見えて、今年の三月、新しく建替えられた商業ビルの三階が、現在、84席限定のミニシアターになっている。1000円均一で入れる毎月1日の「映画の日」だから、混雑するかなと思ったが、7:10pm開演の三十分前にいったら、整理番号27。余裕だった。

中に入ると、床に傾斜がない。前の人の頭でスクリーンが隠れてしまわないかと、心配になったが、座ってみると、前の席との間隔があるので大丈夫だった。椅子は豪華だし。音も、右や左やら、あちこちから聞えて来る最新式。快適。

肝腎の映画は、60年代、デトロイトのモータウンレーベルで、「ザ・モータウン・サウンド」を作り出し、世界の音楽シーンに多大なる影響を与えた史上最高のステジオミュージシャン達、「The Funk Brothers」のドキュメント。

スモーキー・ロビンソン、テンプテーションズ、ダイアナ・ロス&シュプリームス、マーヴィン・ゲイ、スティーヴィー・ワンダー、etcのバックの演奏をして、生み出したNo1ヒットの数は、エルヴィス・プレスリーとビートルズとローリング・ストーンズが束になっても叶わない。しかし、ミュージシャンのクラジットを載せる慣習がなかった当時、彼ら、スタジオミュージシャンの名前は、一般には、決して、知られる事がなかった。30年近く経った今、彼らに改めて、注目してみようと、振り返ってみる所から話は始まる。

2002年の作品。存命のミュージシャン達が集まり、当時の事を思い出しながら、セッションする。こういう形は、テレビのドキュメンタリー番組として制作されたStevie Wonderの「メイキング・オブ・キー・オブ・ライフ」と同じだけれど、流石に、こちらは映画なだけに、もっと、当時の時代を思わせる様々な、映像が加えられており、見応えがある。

でも、あくまでも、ドキュメンタリーなので、過度な演出はなし。ジェームス・ジェマーソンの晩年など、ドラマチックにしようと、すれば、もっと、出来ると思うけれど、あくまで、淡々と描いている。その辺が、映画としては、どうかなとも思う。例えば、モータウンに興味のない人がみたら、前半部分は、きっと、退屈しちゃうに違いない。それぞれのミュージシャンに焦点を当てて、順に興味深いエピソードが語られるのだが、「ジェームス・ジェマーソン―伝説のモータウン・ベース」を買ったけれど、あまりちゃんと読まないまま、箪笥の肥やしにしてしまっている私は、ちょっと、頑張って見てる所でした。

Stevie Wonderは、Pianoのアール・ヴァン・ダイクさんの葬儀の時のコメントを喋る1992年のニュース映像の中や、まだ、10代のLittle Stevie Wonderが、彼らのスタジオに入り浸っていた頃の思い出話の中で、ちらっと、登場。

The Funk Brothersの再結成ライブは、だんだん、盛りあがり、マーヴィン・ゲイの「What's Going On」(1971)を唄う所で、最高潮。ここは、凄かった。普段は、案外、すっと、流して聴いちゃってる歌詞の内容が、当時の時代背景を示す映像と共に流れてきて、ぐっと、くるし、また、この曲が、モータウンから発売されたアルバムの中で、初めて、ミュージシャンがクレジットされたものになったという事実など、色んな事が、ないまぜになって、観てて、もう、泣きそうになってくる。この曲は、やっぱり、特別。そして、チャカ・カーンの唄。「音楽の力」って奴を、まざまざと見せ付けられる感じ。

観終わって。「映画」としてはどうかと思うけれど、「ドキュメント」として、とても、良かった。「NHKスペシャル」を観て感動する感じに近い。「プロジェクトX」とか。あ、でも、彼らは、「何かを成し遂げよう」という使命感とは、全く無縁に、ただ、「音楽が大好きだから、やってただけ」という人達だから、「プロジェクトX」には、ならないかもしれない。幸せで、素晴らしい、そして、ちょっと、可哀想で、とてつもなく凄い人達。

最後は、しんみり。帰りに、CD屋やビデオ屋を回ろうと思っていたのだけれど、余韻に浸りたくなったので、止め。しばらく、エンドレスで、彼らの音が頭の中に鳴り響いていました。

こんな本もある。モータウンの創始者、ベリー・ゴーディが書いた本。

モータウン、わが愛と夢/ベリー ゴーディー (著), Berry Gordy (原著), 吉岡 正晴 (翻訳)(1996/07)

|

« ハンドロールピアノにびっくり | Main | 競馬日記:占い信ずるべからず。TUF杯その他。望みは、最早、明日の函館スプリントS(G3)のみ。 »

Comments

Asking questions are actually good thing if you are not understanding something completely, however this post offers pleasant understanding yet.

Posted by: minecraft games free | Wednesday, September 17, 2014 at 03:34 AM

Hello, I wish for to subscribe for this webpage to take most recent updates, thus where can i do it please assist.

Posted by: best dating sites | Tuesday, November 04, 2014 at 08:25 AM

I know this if off topic but I'm looking into starting my own weblog and was wondering what all is needed to get setup? I'm assuming having a blog like yours would cost a pretty penny? I'm not very internet smart so I'm not 100% sure. Any tips or advice would be greatly appreciated. Thank you

Posted by: Try Minecraft | Thursday, November 27, 2014 at 05:38 PM

Hello I am so thrilled I found your blog page, I really found you by mistake, while I was looking on Yahoo for something else, Anyhow I am here now and would just like to say kudos for a marvelous post and a all round entertaining blog (I also love the theme/design), I don't have time to go through it all at the minute but I have bookmarked it and also included your RSS feeds, so when I have time I will be back to read a great deal more, Please do keep up the superb job.

Posted by: best dating sites | Tuesday, December 02, 2014 at 06:39 AM

It's very straightforward to find out any matter on web as compared to textbooks, as I found this article at this site. www.blogesaurus.com quest bars

Posted by: quest bar sale 2014 | Thursday, January 22, 2015 at 11:09 PM

I do not even know the way I ended up right here, however I thought this put up was great. I do not realize who you might be however definitely you are going to a well-known blogger when you are not already. Cheers!

Posted by: payday loans no credit check | Saturday, February 07, 2015 at 08:47 PM

An outstanding share! I have just forwarded this onto a friend who had been doing a little homework on this. And he actually ordered me breakfast because I stumbled upon it for him... lol. So allow me to reword this.... Thank YOU for the meal!! But yeah, thanks for spending time to talk about this subject here on your website.

Posted by: minecraft free download full version | Saturday, February 14, 2015 at 03:15 PM

I got this web page from my friend who told me on the topic of this site and at the moment this time I am visiting this site and reading very informative posts here.

Posted by: free music downloads | Tuesday, February 17, 2015 at 12:56 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28782/884688

Listed below are links to weblogs that reference 映画「永遠のモータウン」やっと、観た:

« ハンドロールピアノにびっくり | Main | 競馬日記:占い信ずるべからず。TUF杯その他。望みは、最早、明日の函館スプリントS(G3)のみ。 »