« 競馬絵日記:そろそろ当てたいんだけど。七夕賞(G3)、マーメイドS(G3) | Main | 浜田省吾の唄う「A Place In The Sun」 »

TVドラマ「人間の証明」#2のエンドテーマに対する違和感

森村誠一原作で1977年、松田優作主演で映画化された「人間の証明」が、リメイクで連続ドラマ化されて、そのエンディングテーマが「A Place In The Sun」だ、というので、観てみた。唄っているのは、「桜」で、じわじわと認知された河口恭吾さん。オリジナルはスティーヴィー・ワンダー。

このドラマ、「母さん、僕のあの帽子、どうしたでせうね?」という台詞が、かすかに、子供の頃の記憶として残っては、いるけれど、粗筋から、何から、皆目、覚えてない。なので、何やら、ドエライ事件が起こったらしい第一回を見逃してしまった私は、次から次へと出て来る登場人物を把握するので精一杯。

竹野内豊演じる主役の若手刑事といい、車椅子の夫(國村隼)を気遣いながらも、大企業の偉い人(風間杜夫)と不倫してる奥さん(横山めぐみ)といい、病に倒れた夫に代わって選挙に立候補したおばさん(松坂慶子)の跳ねっ返りの息子(高岡蒼佑)といい、不可解な死を遂げた(らしい)黒人青年の死ぬ直線の謎の言葉といい、それぞれに、何か重たいものを抱えているらしい事は何とか把握出来たけれど。

ドラマは、一貫してシリアスに展開する。そして、最後に、容疑者が発見されるとの報が入り、ジャジャジャーンとサスペンス度を盛り上げる音楽が聞えて来て、ちらと、映ったのが、おおっ、泉谷しげる。何か、凄く、格好良い登場の仕方。容疑者なのに。で、ぐっと、乗り出してみた所で、次回へ続く、となってしまった。およよ。

間髪入れず、エンドテーマ「A Place In The Sun」が流れ出す。が、河口恭吾さんは、Stevie Wonderのオリジナルがそうであるように、とても、希望に満ちた明るい唄い方をしてるのが、あまりにも、それまでのドラマのトーンと違うので、ちょっと、違和感を感じた。

もしかしたら、この先、ドラマが展開していくと、いずれ、「There's Hope For Everyone」で、成程、納得~、となるのかもしれないけれど、今日の出方は、あまりにも唐突。普段、あんまり、ドラマとか観る方ではないのだけれど、ドラマの主題歌って、こんなものなのでしょうか。いっそ、ドラマの進行にあわせて、この日は、シリアスドラマチックバージョン、別の日は、希望に満ちて明日へ向かうバージョン、とか、色んなアレンジのバージョンを使い分けたらどうなんでしょう。そんな手間隙掛けてられないか。

人間の証明 DVD-BOX
人間の証明 DVD-BOX/(2005/02/16)

フジテレビ:人間の証明
フジテレビ木曜22時ドラマ「人間の証明」オリジナルサウンドトラック(by岩代太郎)(2004/08/25)
人間の証明 角川文庫 / 森村 誠一
人間の証明(映画:DVD)(1977)
映画:人間の証明

河口恭吾 Official Web Site
Plofile見ていたら、Favorite Musicに、Stevie Wonder、Donny Hathaway、Alana Davis、John Lennon、Neil Youngの名前を挙げていた。おや、まあ。

A Place In The Sun / 河口恭吾(2004/08/04)

Down to Earth / Stevie Wonder(1966/12)
A Place In The Sunのオリジナル収録アルバム

他の関連記事は、「カテゴリー[Stevie Wonder:A Place In The Sun]」等を御覧下さい。

|

« 競馬絵日記:そろそろ当てたいんだけど。七夕賞(G3)、マーメイドS(G3) | Main | 浜田省吾の唄う「A Place In The Sun」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28782/976681

Listed below are links to weblogs that reference TVドラマ「人間の証明」#2のエンドテーマに対する違和感:

« 競馬絵日記:そろそろ当てたいんだけど。七夕賞(G3)、マーメイドS(G3) | Main | 浜田省吾の唄う「A Place In The Sun」 »