« ドラマ「人間の証明#5」の「陽の当たる場所」 | Main | 映画「荒鷲の要塞」(1968) »

井上陽水「空想ハイウェイ ACT2」感想

オープニングは、南の海のリゾートホテル(沖縄?)のテラスで、「かんかん照り」(1972)。


水道の水がぐらぐらたぎり、セッケンはすぐに、どろどろ溶ける

ありえない光景が、凄くリアリティを持って迫って来るこの歌詞を聴いていると、おのずと、畳の敷いてある日本家屋内の風景が脳裏に浮かぶのだけれど、敢えて(?)、それを、夕暮れの涼しい風が吹き抜ける開放的な屋外空間で唄う。なかなかシュール。

全四回シリーズの第二回目の今回は、1972年頃、一緒に、フォークライブツアーを行ったメンバー五人(高田渡、三上寛、加川良、友部正人、井上陽水)+小室等の同窓会という趣向。でも、陽水さんは企画者の癖して、あまり、場を仕切ったりする事もなく、時折、「他の皆は、中津川フォークジャンボリーに参加したのに、アンドレ・カンドレ(井上陽水)は出てない」、なんて愚痴(?)をちょい、挟みながらも、基本的に、ずっと、控え目な立場を貫いている。陽水さん曰く、「ピッチャー、三上寛。キャッチャー、小室等。ショート加川良、センター、友部正人。セカンド、高田渡。そして、バックネット裏、井上陽水」(ショートとセカンドは逆かも知れない)。とりとめのない同窓会飲み会トークは、特に無茶苦茶、話がはずむ訳でもない、でも、話がはずまない事が、悪い事かといえば、一概にそうとも、決め付けられず、作られた感じのあまりしない、題して「ON THE BEACH 30年目のフォーク同窓会」では、あった。

「ジェラシー」(1981)から井上陽水の世界に嵌った私には、中津川フォークジャンボリーとか言われても、話に聞くだけの、遠い、昔の事。それこそ、バックネット裏で眺めているような感じだったけれど、噂に聞く伝説の人達の生の姿を観るのは、面白くない事もない。「トリビアの泉」だったら、思わず、「へぇ」ボタンを押したくなるような、話もちらほら。もしかしたら、「ふぅ~ん」ボタン程度かも知れないけれど。皆さん、それぞれ、世界を持ってらっしゃって、味のある大人になっていらっしゃる。

小室等さんと高田渡は髪も髭も白い物が目立ち、仙人の趣き。三上寛さんは坊主頭でアバンギャルド。気遣いの加川良さんと、マイペース吟遊詩人の友部正人さんは、共に、黒い髪のせいか、若く見える。この中に入った陽水さんは、なんだか、一番、年齢不祥の感じがする。何故だろう。

また、五人のゲストが、「陽水さんリクエスト」に応えて、持ち歌を唄うのだけれど、これが、存外、面白い。それぞれに、日本語の響きを大切にしている人達なんだなぁ、という感じがする。陽水さん自身も、自らの曲を「陽水 Summer Collection」とかいって、何曲か唄う。なかなか、盛り沢山。

曲目リストは、

かんかん照り/井上陽水(1972)。
ホテルのテラスで弾き語り。

傘がない/井上陽水(1972)
うん?これは、夏の曲かな。これは、当時の社会的背景を説明する一曲として選ばれた感じ。スタジオライブ。いわずもがなの名曲ではある。

生活の柄/高田渡(1971)

夢は夜ひらく/三上寛(1972)

夏星屑/井上陽水(1981)
スタジオライブ。シングル「ジェラシー」のB面に入っていた曲だ。だったら、「ジェラシー」唄ってくれても良かったのに。「ジェラシー」だって、夏の唄だと思うけれど。

教訓I/加川良(1971)

雨が空から降れば/小室等(1971)

一本道/友部正人(1972)

クレイジーラブ(1980)
スタジオライブ。シャウトしないクレイジーラブがちょっと、素敵。

ゼンマイじかけのカブト虫/井上陽水(1974)
ホテルのテラスで弾き語り。しみじみと。

「ジャラシー」が収録されてるアルバム「あやしい夜をまって/井上陽水」(1981)の中に、今日のゲスト、友部正人さん作詞、井上陽水さん作曲の「海はどうだ」という曲がある。これなんか、結構、私、好きな唄なのだけれど、唄ってくれなかった。

|

« ドラマ「人間の証明#5」の「陽の当たる場所」 | Main | 映画「荒鷲の要塞」(1968) »

Comments

I don't even know how I ended up here, but I thought this post was great. I do not know who you are but definitely you're going to a famous blogger if you aren't already ;) Cheers!

Posted by: play minecraft free | Wednesday, September 17, 2014 at 12:39 AM

Appreciate this post. Let me try it out.

Posted by: best dating sites | Monday, November 03, 2014 at 11:41 PM

I was recommended this blog via my cousin. I am not sure whether this submit is written by means of him as no one else recognize such specific about my problem. You are wonderful! Thank you!

Posted by: best dating sites | Saturday, November 15, 2014 at 03:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28782/1161196

Listed below are links to weblogs that reference 井上陽水「空想ハイウェイ ACT2」感想:

» 井上陽水 「空想ハイウェイ ACTⅡ」 [ぽろろんぱーぶろぐ]
 いつまでも死者の影を引きずっていては生きている者も身が持たない。そうは言っても、死者は生活の折々に甦ってきては意識の端っこで語りかけてゆくのだろう。そうして「去る者は日々に疎し」の諺通りいつかだんだん遠ざかって行く。  葬式という非日常から日常に戻ってみると、溜まった仕事であるとか衝撃的なニュースなんかが待ち受けていて、感傷に浸る暇はなかった。最初の休日である今日は、ただだらだらと過ごした。脳が洗濯されてゆくようだ。  夕方に、以前妻が録画して置いてくれた井上陽水の「空想ハイウェイ A... [Read More]

Tracked on Saturday, December 10, 2005 at 05:30 PM

« ドラマ「人間の証明#5」の「陽の当たる場所」 | Main | 映画「荒鷲の要塞」(1968) »