« 映画「キングコング」(1933)の認識を新たにする | Main | 現実はいつも予想を裏切る。土曜のエルムS、日曜の新潟&小倉二歳Sその他。 »

「人間の証明#9」のエンドテーマ

話はいよいよ終結点に向かって収束していく。ラストシーンは、いよいよ大詰め直接対決。棟据刑事が最有力容疑者郡恭子に向かって、「お話を伺いたいのですが、署の方に御同行願えますか。」といった所で、エンドテーマの「A Place In The Sun」。ラジオボイスの効果音が入る事なく、歌を素直に聞かす趣向。来週への期待感を込めてかじっくりと長めだった。

次回、いよいよ最終回。腹立つドラ息子は、また何かしでかしちゃったみたいだし、運命の歯車がどこかで、食い違っちゃっていう結末は、映画「ミスティック・リバーMYSTIC RIVER」だったらまだ許せるけれど、連続ドラマで十回も見せられた後、何の救いもなく終わっちゃったりしたら、怒るよ。それじゃ、希望を覗かせるエンドテーマにするなって、話になっちゃうし。多分、そんな事にはなるまいと思うが。

人間の証明 DVD-BOX
人間の証明 DVD-BOX/(2005/02/16)

A Place In The Sun / 河口恭吾(2004/08/04)
Down to Earth / Stevie Wonder(1966/12)
A Place In The Sunのオリジナル収録アルバム
フジテレビ木曜22時ドラマ「人間の証明」オリジナルサウンドトラック(by岩代太郎)(2004/08/25)

他の関連記事は、「カテゴリー[Stevie Wonder:A Place In The Sun]」等を御覧下さい。

|

« 映画「キングコング」(1933)の認識を新たにする | Main | 現実はいつも予想を裏切る。土曜のエルムS、日曜の新潟&小倉二歳Sその他。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28782/1344655

Listed below are links to weblogs that reference 「人間の証明#9」のエンドテーマ:

« 映画「キングコング」(1933)の認識を新たにする | Main | 現実はいつも予想を裏切る。土曜のエルムS、日曜の新潟&小倉二歳Sその他。 »