« [回顧]コスモバルクのセントライト記念と、外した馬が一二着であっと驚くローズS | Main | 「のぞき屋のトマス」を読む »

ダービーグランプリ(G1)を買う為に府中の競馬場へ行く

午前中、WINS新宿で首尾良く持ち金を増やした私は、午後、京王線に乗って、府中の東京競馬場へ行こうとしていた。盛岡のダービーグランプリ(G1)を買う為である。東京だと、そこでしか買えないのだ。大井競馬場でも買えるけど、大井ではJRAの馬券は買えないので、今日の「JRAの札幌、阪神でどんと増やして、それを盛岡にどんと突っ込もう大作戦」を遂行する為には、何としても東京競馬場へ行かねばならない。

しかし、まず、待合せた友人が遅れてきたのがケチの付き始め。途中、急行から各駅に乗り換える時、間違って、橋本行きに乗ってしまい、あらぬ方向へ連れていかれちゃうは、友人が持病の腰痛が悪化して早く歩けないなんて言うは、すったもんだして、ようやっと、到着したのが、もう、メインレース一つ前の10R発走前。

まずは、手堅くと思った札幌10Rの複勝はあっさり不発に終わり、阪神10Rは、3連単一発を狙い、一着、三着はビシッと当てても、二着に無印が飛び込んできて外れ。札幌11R、阪神11Rも一着は当てたけれど後は駄目駄目。順調に持ち金を減らして、本日のメインを迎える事とは相成った。
盛岡10R_ダービーグランプリ(G1)
気持ちは、決まっている。北村宏司君が騎乗する13ダイワバンディットを買いたい。よって、これが、無謀な応援馬券ではなく、冷静な投資判断であると自分を納得させる為の理由を一生懸命探す三連休の最終日の大詰め。

13ダイワバンディットの前走、ユニコーンS(G3)は、東京1600mを1:36:3で走って、12トップオブワールドの二着している。今回は、盛岡の2000m。残り400m、2ハロンを、ゆっくり調教並の15秒-15秒で走ったとしても、2:06:3で、おぉっ、去年の勝ち馬ユートピアの2:07:06のタイムを楽勝で上回るじゃないか!。って、そもそも、盛岡と東京という全く違った競馬場で計時された記録を、そのままストレートに比べても、全く意味のない事。

また、それを言うんだったら、川崎の3トキノコジローが、ジャパンダートダービー(G1)でカフェオリンポスの五着した時のタイムが、2:05:3(大井2000m)なのはどうよ?となるのだが、こうした都合の悪い事実には、見ないふりが、一人よがりギャンブラーの鉄則。結局、日本各地でバラバラに走ってきたあまり馴染みのない馬達が集結してきたレースなので、良く判らない。なんとなく、今回は、中央JRA勢の力関係さえ、旨く評価すれば、当たるんじゃないかと思う。

ユニコーンSで13ダイワバンディットに先着した12トップオブワールドは、次走、札幌のエルムS(G3)で八着と凡走。そこで、古馬ウインデュエルを完封する見事な勝ちっぷりを見せ付けたのが、ユニコーンSで13ダイワバンディットより後ろの三着だった11パーソナルラッシュ。エルムSで、あんな勝ち方を見せ付けられちゃ、今回は、もう、11パーソナルラッシュでしょうがないとは思うけど、やっぱり、13ダイワバンディットに期待したい。NHKマイルC(G1)で、キングカメハメハの四着したスピード能力に、一縷の望みを繋ぐ。その前走、ニュージーランドT(G2)での凡走は度外視。2000mという距離に不安はあるし、休み明けもどうかと思うけど、ええい、目を瞑って、買ってしまえ。

という訳で、印は、こんな感じ。
◎11パーソナルラッシュ(安藤勝)JRA
○13ダイワバンディット(北村宏)JRA
▲3トキノコジロー(山田信)川崎
△12トップオブワールド(四位)JRA
△5メイショウムネノリ(蛯名)JRA

うーん、ちょっと、無謀かなぁ。

盛岡競馬の馬券は、広い東京競馬場の、内馬場の更に奥の別棟、一ヶ所だけで、発売されている。締切直前、狭い館内はぎっしりと人が立ち並び、一瞬、買い損ねてしまうかと、焦った。

長テーブルが一つ、置かれていて、見ると、宮沢賢治や遠野物語なんかの文庫本が数冊、並べてある。盛岡競馬の馬券を5000円(6000円だったかな)、購入した人には、どれかお好きな一冊をプレゼント!、なんてやっている。文庫本欲しさで、馬券の購入額を増やす人はいないだろう。これを機会に岩手、盛岡に馴染みを持って貰おうというキャンペーンか。

文庫本の置かれた長テーブルを横目で眺めつつ、列に並び、何とか、無事、13ダイワバンディットと11パーソナルラッシュの馬券を握り締めて、狭い館内を脱出した私は、ターフビジョンでレース観戦。結果は・・・。

直線入口で余裕で先頭に立った11パーソナルラッシュが、仕掛けられると後続を離す一方で、ぶっちぎり。一方、四角手前から離されないよう必死で腕を動かす北村宏司君であったが、やはりスタミナ切れか、13ダイワバンディットは、ずるずる下がっていくばかり。

一着:◎11パーソナルラッシュ(安藤勝)JRA
二着:△12トップオブワールド(四位)JRA
三着:△5メイショウムネノリ(蛯名)JRA
四着:▲3トキノコジロー(山田信)川崎
そして、
七着:○13ダイワバンディット(北村宏)JRA

11パーソナルラッシュの勝ちタイムは、2:02:8。去年のユートピアの記録はおろか、1998年にメイセイオペラが記録したレースレコードの2:03:05まで、更新。お見逸れしました。

嗚呼、人は、何故、かくも、不確実なものに賭けたがるのか。(チョット、大袈裟?)

不屈の闘志を持って、取返すべく、札幌12R、阪神12Rを、再び3連単でチャレンジするも、一着はビシッと、当たるのに(これだけ一着を当てるのも凄い事だ)、二、三着のどちらかが抜けてて、結局、本日、競馬場で買った馬券は、全て外れ。

大負けした次の日の朝、仕事に出掛ける時に見上げた空は、いつも通りの気持ちよい秋の青空だった。

|

« [回顧]コスモバルクのセントライト記念と、外した馬が一二着であっと驚くローズS | Main | 「のぞき屋のトマス」を読む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28782/1490311

Listed below are links to weblogs that reference ダービーグランプリ(G1)を買う為に府中の競馬場へ行く:

» 【回顧】ダービーグランプリ 度肝を抜かれたレコード決着 [そのまま、そのままっ!!]
■レース結果 第19回ダービーグランプリ結果 3歳OP・盛岡・ダ2000 着順馬番馬名       騎手 タイム着差 1 11パーソナルラッシュ安藤勝2:02:... [Read More]

Tracked on Tuesday, September 21, 2004 at 11:08 PM

« [回顧]コスモバルクのセントライト記念と、外した馬が一二着であっと驚くローズS | Main | 「のぞき屋のトマス」を読む »