« [回顧絵日記]菊花賞(G1)。コスモバルク四着も納得。 | Main | 「リバーサイドホテル」と奥田民生 »

ケイコ・リーの超低音スティーヴィー

初めて、聴いた時、ぶっとびました。ジャケット写真を見ると、明らかに女性なのに、オリジナルのStevie Wonderより、よっぽどドスの効いた(?)野太く低い声。

それは、ピアノ弾き語りアルバムの、


ローマからの手紙
ローマからの手紙(A LETTER FROM ROME)/Keiko Lee(2000/09/20)

に入っているAll In Love Is Fairのカバーでした。オリジナルは、スティーヴィー・ワンダーの通称、青春三部作アルバムの内の一つ「Innervisions」(1973)に入っている朗々と歌い上げる名バラード。井上陽水を聴き込むと、ともすれば、あからさまに愛を唄う事に対する懐疑心が生まれてきそうですけれど、これは、素直に美しいと思えます。ケイコ・リーさんは、スティーヴィーより、低い声で、より、ゆったりと、噛み締めるように唄っていてそれもまた良し。

次いで、次作の


愛の奇蹟(ワンダー・オブ・ラヴ:Wonder of Love)
愛の奇蹟(ワンダー・オブ・ラヴ)/Keiko Lee(2001/07/18)

では、「Journey Through the Secret Life of Plants」(1979/10/30)に収録のSend One Your Loveを取り上げていました。これも、かなりストレートな愛の唄。

Send her your love
with a dozen roses
make sure that she knows it
with a flower from your heart


なんて、間違っても、シラフでは言えません。でも、唄になっちゃうと、良いんですねぇ。オリジナルは、スティーヴィーによる間奏のハーモニカも格好良くて、思わず、銀座の山野楽器で半音の上げ下げが出来るクロマチックハーモニカを買い、一生懸命真似して、吹いたものでした。でも、当然、スティーヴィーのように、旨くは吹けはしません。ムリヤリ、下手糞なハーモニカを聞かされた当時の友人達には、この場を借りて、謝りたいと思います。

さて、そんなSend One Your Loveですが、ケイコ・リーさんバージョンは、可愛いらしいPercussionの音に、rhodesピアノの音色、そして、低音のVocalに、Guitarが重なる、まったりした世界を展開して、とっても、おしゃれです。

いやー、この人、かなり、スティーヴィー・ワンダー好きなんだな、と思って、昔のアルバムを探してみると、ありました。


イフ・イッツ・ラヴ
イフ・イッツ・ラヴ(If It's Love)/Keiko Lee(1998/06/20)

ケイコ・リーさんの第四作アルバム(デビューは1995年)。「Overjoyed」と、「Too Shy To Say」を取り上げてます。

Overjoyed
オリジナルは、Part-Time Loverなんかが入った「In Square Circle」(1985/09/13)。
これは、シンプルでアコスティックにカバーしています。スティーブ・ソーントン(Steve Thornton)のPercussionとロン・カーター(Ron Carter)のAcoustic Bass、それに、吉田次郎のAcoustic Guitarが刻むリズムに、乗っかって、ご機嫌なVocal。さり気なく唄っているようで、随所で唸り、気持ちよく浮かび、体が揺れ出すような。

Too Shy To Say
オリジナルは、スティーヴィー・ワンダーの通称、青春三部作アルバムの一つ「Fulfillingness' First Finale」(1974/07/22)に収録。これまた、タイトル通り、泣かせるピアノバラード。
ケイコ・リーさんは、ケニー・バロン(Kenny Barron)のPianoとロン・カーター(Ron Carter)のAcoustic Bassのバックのみで、シンプルにささやくように唄っています。じっくり聴き入ってしまう。

ケイコ・リーさんは、2001年、「Send One Your Love」を唄った後、日産STAGEAのCMソングで、クイーンの「ウィ・ウィル・ロック・ユー」をやったり、他の色々なアプローチをするのに、忙しく、その後のアルバムでは、スティーヴィー・ワンダーの曲を取り上げる事もなくなって、ちょっと、さびしい、思いもしていたのですが、なんと、先週の日曜日、名古屋の住宅展示場でのフリーライブで、なんと、スティーヴィー・ワンダーの「Another Star」をノリノリで唄ったそうです。

ケイコ・リー ライヴ報告:MUSIC♪HOLIC

うー、観たかったなぁ~。

その時、私は何をしていたか。菊花賞(G1)の馬券を買うべくWINS新宿内の人ごみをかき分けていたのでした。


|

« [回顧絵日記]菊花賞(G1)。コスモバルク四着も納得。 | Main | 「リバーサイドホテル」と奥田民生 »

Comments

I am actually thankful to the holder of this site who has shared this wonderful article at at this time.

Posted by: Guitar reviews | Friday, November 16, 2012 at 02:43 AM

I pay a quick visit each day a few web pages and websites to read posts, but this weblog presents feature based content.

Posted by: yahoo small business coupon | Thursday, June 12, 2014 at 08:23 AM

I am really loving the theme/design of your website. Do you ever run into any browser compatibility issues? A handful of my blog audience have complained about my website not operating correctly in Explorer but looks great in Safari. Do you have any advice to help fix this issue?

Posted by: video converter website no download | Tuesday, June 17, 2014 at 07:46 AM

I am not sure where you're getting your info, but good topic. I needs to spend some time learning much more or understanding more. Thanks for excellent info I was looking for this information for my mission.

Posted by: best dating sites | Friday, November 21, 2014 at 10:43 PM

Hi there! This is kind of off topic but I need some advice from an established blog. Is it difficult to set up your own blog? I'm not very techincal but I can figure things out pretty fast. I'm thinking about creating my own but I'm not sure where to begin. Do you have any tips or suggestions? With thanks

Posted by: mujeres hermosas de medellin | Wednesday, January 28, 2015 at 05:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28782/1799203

Listed below are links to weblogs that reference ケイコ・リーの超低音スティーヴィー:

« [回顧絵日記]菊花賞(G1)。コスモバルク四着も納得。 | Main | 「リバーサイドホテル」と奥田民生 »