« ほろ苦し南部杯(G1)。つい、気が迷う。 | Main | レイ・チャールズ追悼特別コンサート。当然、スティーヴィーは唄う。 »

TDBのメイン会場でKing Sunny Ade

連休最終日の夕方、青山をぶらぶらしていた。TOKYO DESIGNERS BLOCK 2004というデザインイベントが、あちらこちらのショップやギャラリー、空き地等で開催されていた。メイン会場である246 PARKING(青山 紀伊国屋スーパー跡地)は、最終日とあって、大変な賑わい。500坪(テキトー、目分量)はあろうかという都心には珍しい広大な敷地に、ASKULの仮設ブース、直径20m弱のドーム、真っ赤に塗られた屋根付きスケートボード台、その他、大小様々なテントがあり、そこかしこに「デザイン」がディスプレイされ、その間を、沢山の人達が、歩いたり、立ち止まったり、コーヒーやアルコールを飲んだりして談笑している。ガンガン聞えて来る音楽が御祭りムードを盛り上げる。

ひとしきり眺めた後、ドームの中に入って、世界中の街を舞台にしたABSOLUT VODKAの広告ポスターに見入った後、遂に、精根突き果てて(ちょっと、大袈裟)、ドーム中央部に設置された芝生の小山に座り込む。競馬場では無類の体力を誇る私ではあるが、流石に、今日は、負け戦の後、これだけ、歩き回ると堪える。

しばらく、ぼーっと、していると、良さげな音楽が聞えてくる。激しいビートを刻んでいるが、機械っぽくなく、優しい感じ。リズムを刻むギター(ベース?)の音色も、色っぽい。なんか、この感じ、キング・サニー・アデに似てるなぁー、と思って、耳を澄ますと、あれ?、トーキングドラムの音も聞えるぞ。へぇ~。キング・サニー・アデのフォロワーかなぁ、なかなか、いいじゃん。

と思ったら、いきなり、本物のキング・サニー・アデのボーカルが聞えて来た。しかも、曲は、「Ase」だ。

1980年代初頭、既に、ナイジェリアのジュジュ・ミュージックのトップランナーだったキング・サニー・アデがアイランドレコードから「第二のボブ・マーレー」みたいな触れ込みでインターナショナルデビューする。1982年に発表した「JUJU MUSIC」、1983年の「SYNCHRO SYSTEM」は欧米で高い評価を得て、続いて、1984年に発表された「AURA」の一曲目に入ってる「Ase」では、何と、スティーヴィー・ワンダーがハーモニカで参加。スティーヴィー絡みで「Ase」を初めて聴いた私は一発でやられちゃって、その後、代々木体育館で行われたKing Sunny Ade and His African Beatsの来日公演にまで、行ってしまった。斜め前の背広着たサラリーマンの珍妙なノリ方に多少、批判的になりながら、思いっきり体を横に揺らし捲くっていたんである。そういえば、部屋にポスターも飾ってあったなぁ。

その後、キング・サニー・アデは、契約の問題とかで、ワールドワイドな活動を縮小し、ナイジェリア国内での活動をメインにする事で、次第に、日本で、その名前を聴く事は、少なくなってしまう。

それから約20年。想い出深い大好きだった曲に、思い掛けない場所での再会。懐かしさだけじゃなくて、実際、今、聴いても、曲のノリは最高。気が付いたら、腰を上げ、ふらふらとドームを出て、外の群集の間を漂い歩き出していた。やばい、体が揺れ出しそうだ。「みんな!、踊っていいんだよ」と、声、掛けたくなる。

スティーヴィー・ワンダーのハーモニカが聞えて来る。いい。いい~!。凄くいい~!
無茶苦茶気持ち良い。スティール・ギターもいい。

うーん、DJの人、ナイス!。一言、伝えたくて、DJブースの方へいってみたら、既に、「Hey!Hey!」と興奮して詰め掛けている黒人のおじさんorお兄さん(黒人の人の年齢は判読し難い)がいた。同じように、ナイス選曲!と、言いにきたらしかった。ま、この会場の中で、この曲にこれ程、ビビッドに反応したのは、この二人位だったろうけれど。でも、新しい音に敏感なDJの人に、キング・サニー・アデが評価されてるんだな、と、知って、ちょっと嬉しかった。

文中に書いたような事情で、King Sunny Adeのアルバムは、その後、CD化されたのもあるけれど、現在は、殆ど、廃番。amazonで探してみたけれど、「AURA」は見つからない。辛うじて、
The King of Juju(2002/10/15)
というベスト盤(?)ににASEが入っているのを見つけた。でも、これが、Stevie WonderのハーモニカをFeatureしたテイクかどうかは、未確認。

- 世界を踊らせた黒い呪術師 -キング・サニー・アデ King Sunny Ade
こちらで、凄く詳しく語っておられる人がいました。

最初、TDB2004・TDW2004-nonnnonnnohibiの記事を見て、ちょっと、行ってみようかな、と思ったのでした。



|

« ほろ苦し南部杯(G1)。つい、気が迷う。 | Main | レイ・チャールズ追悼特別コンサート。当然、スティーヴィーは唄う。 »

Comments

chicさん こんばんわ

TBありがとうございます
最終日の青山に行かれたんですね!!
雨ふりじゃないときに私も行きたかったなぁ
そこらじゅうが水浸しなうえ
音楽を楽しむどころではない雨音風音でしたからね、、、
しかしそんなに盛り上がっていたのですかぁ。。。
芝生の山にも座りたかったです;;

Posted by: nonnnonn | Thursday, October 14, 2004 at 12:42 AM

突発的に盛り上がったてたのは、私だけかも知れませんが(笑)。でも、人は沢山いました。
芝生の山は、まだ、ちょっと、湿っていて、透明なビニール製の空気座布団(?)の上に座ってました。

Posted by: chic | Thursday, October 14, 2004 at 07:17 AM

Wow, superb weblog format! How lengthy have you ever been blogging for? you make blogging glance easy. The entire look of your site is fantastic, as well as the content!

Posted by: best Dating sites | Monday, December 01, 2014 at 08:39 PM

My spouse and I stumbled over here by a different web address and thought I might check things out. I like what I see so now i am following you. Look forward to looking into your web page repeatedly.

Posted by: best dating sites | Tuesday, December 02, 2014 at 04:27 AM

It's an remarkable post designed for all the online users; they will obtain benefit from it I am sure. blogesaurus.com quest protein bars

Posted by: quest nutrition bars cheap | Saturday, January 24, 2015 at 11:47 AM

Excellent blog you have here.. It's hard to find high-quality writing like yours these days. I truly appreciate people like you! Take care!!

Posted by: ver fotos de chicas | Friday, January 30, 2015 at 09:33 PM

Fabulous, what a webpage it is! This weblog provides valuable data to us, keep it up.

Posted by: minecraft free download full version | Monday, February 16, 2015 at 01:56 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28782/1663206

Listed below are links to weblogs that reference TDBのメイン会場でKing Sunny Ade:

« ほろ苦し南部杯(G1)。つい、気が迷う。 | Main | レイ・チャールズ追悼特別コンサート。当然、スティーヴィーは唄う。 »