« 陽水を英語で訳したら | Main | 翻訳ソフトで変換また変換 »

Googleの翻訳機能による面白変換

前の記事で、Googleの英語サイトの翻訳機能を使って、日本語で書かれた私のサイトを英語に訳してみたら、このサイトの副題「競馬と陽水とStevieに溺れる日々」が、「 - horse racing and the positive water and the everyday life which is drowned to the Stevie -」になった事を指摘しました。

ま、「競馬と陽水とSteive」に「溺れる日々」が、「競馬」と「陽水」と「Stevieに溺れる日々」になってるのがちょっと、気に食わないですけれど、「the everyday life which is drowned to the Stevie」というくだりは、何か、ちょっと、良い感じです。

英語に翻訳された他の自分の文章をざっと読んでみますが、やはり、文を正しく解析するのは、なかなか、難しいみたいで、意外な文節の修飾関係になったりしてます。そこが、ちょっと、面白かったりして。

ちょっと、固有名詞の面白変換を列記してみます。

「井上陽水」が[Inoue positive water]となるのを皮切りに、

トップジョッキー「武豊」が、[Taketoyo]。

先週、ジャパンカップダート(G1)で断然の一番人気を裏切って二着に破れた「アドマイヤドン」は[adding Mayer Don]。なかなか、雰囲気あるんじゃないでしょうか。

ジャパンカップ(G1)で、見事、一着になった「ゼンノロブロイ」は、旨く訳してくれず、カタカナの[ゼンノロブロイ]そのまま。残念。

三歳牝馬ながら、この秋は、古馬に挑戦して、天皇賞秋(G1)、マイルCS(G1)連続二着し、来週末は、香港に遠征しようという「ダンスインザムード」は、[Dance in the mood]。しっかり訳してくれました。

「菊花賞」[chrysanthemum flower prize]を勝ち、先週のジャパンカップで三着に来た「デルタブルース」は、[delta blues]と、ばっちり。

「川崎競馬場のオケラ街道」は、[The オケラ highway of the Kawasaki race track]。まぁ、こんなものでしょうか。でも、音のリズムは悪くない気がします。

先日発表したソロ第二弾アルバムで、スティーヴィー・ワンダーの「アナザースター」をカバーし、そのキュートな声を披露したボーカリスト「土岐麻子」が[Toki flax child]。

「子」が[child]になるのであれば、当然、

デビュー当初、トゥーツ・シールマンスに誉められた声にも磨きが掛かり、今や、ワンアンドオンリーのヒーリング・ヴォイスで、スティーヴィーの「Overjoyed」を唄い世界を変えてしまった観のあるボーカリスト「鈴木重子」さんは、[Suzuki heavily the child]となる訳ですね。

上記「Overjoyed」で鮮烈なバイオリンを弾いていた「金子飛鳥」さんは、[Kaneko Asuka]。これは、ちゃんと訳されています。

一昨年、逝去した人間国宝の噺家「柳家小さん」。これには、ちょっと、ウケた。なんと、[The willow house it is small]になってしまいました。「ちいさな柳の家」。

となれば、その孫で真打の「柳家花緑」は、[willow house flower green]になる訳ですね。

きりがないので、この辺までにしておきます。

これまで、私は、自分の記事が英語で読まれる事なんて、全く意識しないで、blogを続けてきましたが、インターネットは世界に繋がっている訳ですからね。もしかしたら、この先、何かの拍子で、他言語を使用する人が検索でやってくるなんて事がないとは言えません。それに備えて、こういった翻訳ソフトに誤解しないできちんと訳して貰える日本語で書く事にも留意しなければならないのかなぁ、何て考えました。

だからといって、自分なりの文章のリズムを犠牲にはしたくありませんし。妙に、翻訳調の文章を敢えて書くのは苦痛です。というか、翻訳調の文章なら、きちんと、英語に翻訳されるのかどうかも、良く判りません。

今の所、考え付くのが、「句読点を大目に打って、修飾関係を誤解のないようにする」事と、「固有名詞にはルビを振る」事位でしょうか。あまり文を長くしないで、簡潔で短い文にする手もありそうです。

ま、願わくば、翻訳ソフトがもっと、お利口さんになってくれて、あまり面倒な事を考えなくても良いようになれば良いなと思うのでした。

何か、「陽水」=「positive water」から随分、偉そうな話になってしまいました。

翻訳ソフトの話は、更に続く。

|

« 陽水を英語で訳したら | Main | 翻訳ソフトで変換また変換 »

Comments

I blog often and I seriously thank you for your content. This great article has truly peaked my interest. I'm going to book mark your site and keep checking for new details about once per week. I subscribed to your Feed too.

Posted by: bet angel | Tuesday, February 25, 2014 at 02:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28782/2136327

Listed below are links to weblogs that reference Googleの翻訳機能による面白変換:

« 陽水を英語で訳したら | Main | 翻訳ソフトで変換また変換 »