« November 2004 | Main | January 2005 »

井上陽水のダンスは旨く踊れているか

先日、NHK BSで放送された、「井上陽水 空想ハイウェイACT III」にて。「YOSUI TRIBUTE」に参加した各ゲストには、「ネガティヴ・トリビュート」という御題が与えられて、敢えて、井上陽水の悪口を言う事を求められた。一青窈が「あの、よく踊ってらっしゃいますけど・・・」と、井上陽水氏がステージ上で見せる踊り(珍妙な振り付け?)について、「あれは、どうなのか」と婉曲に指摘していた。ナイス着眼点。言われてみれば、私も、そう思うぞ。

Continue reading "井上陽水のダンスは旨く踊れているか"

| | Comments (1664) | TrackBack (0)

井上陽水「空想ハイウェイ ACT III」感想

ACT1、ACT2の時も、感じたけれど、これは、井上陽水の唄をじっくり聴く番組ではなく、井上陽水で色々、遊んで見る番組なのである。井上陽水の唄う場面も多く挿入されているけれど、割りと、あっさり、全体の流れを整えるような感じで軽く挿入されているかのよう。今回のACT3のテーマは、この秋、発売された井上陽水へのトリビュートアルバム「YOSUI TRIBUTE」なのだけれど、やっぱり、そんな感じ。

Continue reading "井上陽水「空想ハイウェイ ACT III」感想"

| | Comments (10) | TrackBack (0)

雪降る東京大賞典(G1)はアジュディミツオーの逃げ切り

過去の戦歴から実績上位は以下の四頭。人気順に記すと、

Continue reading "雪降る東京大賞典(G1)はアジュディミツオーの逃げ切り"

| | Comments (0) | TrackBack (6)

[回顧]有馬記念。強いロブロイが見れて満足。

本命1ゼンノロブロイが一着!。「後、二週欲しい」と佐々木晶三調教師が言ってたタップダンスシチーが二着!。うっわぁー。調子ひと息だって、いうからさぁ、印軽くしたのに。あの素晴らしくもしっかりした競馬っぷりは何だ!

Continue reading "[回顧]有馬記念。強いロブロイが見れて満足。"

| | Comments (90) | TrackBack (8)

[予想]有馬記念は「陽水トリビュート」?

去年の菊花賞から、ずっと、勝ちあぐねてきた素質馬ゼンノロブロイが、今秋、天皇賞秋(G1)を見事に勝って、続く、ジャパンC(G1)を連勝。歴戦の疲れが心配されもするが、もはや、軽く平気な顔をして、あっさり物事を成し遂げてしまう風格めいたものまで、感じてしまう。よって、迷わず、本命。ここまで、ずっと、買い続けて来て、ここで、買わない理由はない。

Continue reading "[予想]有馬記念は「陽水トリビュート」?"

| | Comments (60) | TrackBack (22)

六本木TUTAYAでクラビノーバ

新宿のビックカメラにパソコン関連の品を買いに行った時、ふらふらとエスカレーターを途中下車して、鍵盤楽器売場を冷やかす事がある。鍵盤楽器は良い。押せば音が出るから。ギターはそういう訳にはいかない。ギターが上手な人に、激しく憧れを抱く所以である。

Continue reading "六本木TUTAYAでクラビノーバ"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

陽水&スティーヴィーのクリスマスソング

さぁ、今週はクリスマスweek。「ジキルハイドまでがクリスマスプレゼントを買う(お願いは一つ/井上陽水)」季節。という事で、井上陽水とスティーヴィー・ワンダーのクリスマスソングの紹介です。今、取り上げないと、また、来年まで取り上げる機会がないかなとも思うので。

Continue reading "陽水&スティーヴィーのクリスマスソング"

| | Comments (12) | TrackBack (0)

[回顧]阪神牝馬S(G2)、CBC賞(G2)、フェアリーS(G3)。全部外す。

今週は、まぁ、こんなもんですよ。いいの、来週、当たれば。

Continue reading "[回顧]阪神牝馬S(G2)、CBC賞(G2)、フェアリーS(G3)。全部外す。"

| | Comments (1) | TrackBack (4)

[予想]阪神牝馬S(G2)、CBC賞(G2)、フェアリーS(G3)。淡々と。

ジャパンCを最後に、馬券の成績は落ち込んでいる。一年の総決算、有馬記念を来週に控えて、今週は、軽く、コンディションを整えるだけにする。三つも重賞があるけれど、どれも人気は割れていてなかなか、ムツカシそう。予想は、印だけ。

Continue reading "[予想]阪神牝馬S(G2)、CBC賞(G2)、フェアリーS(G3)。淡々と。"

| | Comments (14) | TrackBack (17)

子供の為にと唄う陽水

スティーヴィーに続き、井上陽水で考えてみました。「子供の為に唄う井上陽水」。

Continue reading "子供の為にと唄う陽水"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

子供の為にと唄うスティーヴィー

XL230(waka)さんから、「世界の様々な国の子供たちの笑顔が目に浮かぶような曲。」というコメントを戴いたのに触発されて、ちょっと、セレクトしてみました。

Continue reading "子供の為にと唄うスティーヴィー"

| | Comments (13) | TrackBack (1)

友近が今度こそマジに唄う?

今秋、井上陽水の「TOKYO」をカバーして、歌手デビューした友近が、今晩、「月刊MelodiX!」(テレビ東京)(2004/12/18 SAT 27:20_28:14 テレビ東京)に出演するらしい。

Continue reading "友近が今度こそマジに唄う?"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

一青窈が「ジェラシー」に込めた気持ち

昨晩、NHK空想ハイウェイACT3の情報を求めて、井上陽水の公式サイト(Yosui @ Inoue)を観に行くと、NEWSのコーナーの一番上に、ちょっと、面白い仕掛けがしてあった。(2004/12/26の時点では、もう、なくなってました。残念。)

Continue reading "一青窈が「ジェラシー」に込めた気持ち"

| | Comments (22) | TrackBack (0)

宝くじでスティーヴィー・ワンダーのDVDを買う?

昨夜、街角で、ガンガン、マツケンサンバを流しつつ、サンタの格好をしたお姉ちゃんが、マイク片手にしゃべる口上に惹かれ、気が付いたら、ふらふらっと、年末ジャンボ宝くじを買っていた。普段、あまり、宝くじ、買ったりしないのだが。

Continue reading "宝くじでスティーヴィー・ワンダーのDVDを買う?"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

クリスマスは空想ハイウェイ

今年、これまで、二回、放送されてきた「井上陽水 空想ハイウェイ」のACT3が、いよいよ、来週土曜、放送になる。こいつは面白そうだ。

Continue reading "クリスマスは空想ハイウェイ"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

明日、NHK-BSでアリシア・キーズとレニー・クラヴィッツとスティーヴィー

2004年8月29日、マイアミで開催されたMTVミュージックアウォードの模様が、明日(というか、もう今日)、NHK BSで放送される。

Continue reading "明日、NHK-BSでアリシア・キーズとレニー・クラヴィッツとスティーヴィー"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

柳家花緑がNHKアラビア語講座でアラビアンナイト落語?

若手落語家の柳家花緑がNHKアラビア語語学講座の生徒役をするというので、先月から見出したのだけれど、これがなかなか面白い。

Continue reading "柳家花緑がNHKアラビア語講座でアラビアンナイト落語?"

| | Comments (11) | TrackBack (0)

ダンスインザムードは香港で惨敗

香港の結果はどうなったのだろうか。うちは、グリーンチャンネルの中継は見られない。渋谷のJRAの広報展示施設プラザエクウスで、見られるらしい事を知り、出掛ける。到着したのは6時半過ぎ。とっくに中継は終わっていた。

Continue reading "ダンスインザムードは香港で惨敗"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

[回顧]朝日杯フューチュリティS(G1)。エイシンヴァイデンは直線半ばまで。

予定があったので、午前中、WINSへ出掛け、来年のJRAカレンダーを貰って、早々と馬券も買ってしまった。帰ってきて、あれやこれやで、予想をアップしたのは、レース直前。直後、その予想が露と散るのを目の当たりにする。自己嫌悪。これも、何だか、ショックが大きいものです。

Continue reading "[回顧]朝日杯フューチュリティS(G1)。エイシンヴァイデンは直線半ばまで。"

| | Comments (1) | TrackBack (6)

[予想]朝日杯フューチュリティS(G1)。エイシンヴァイデンを見てる。

デビューから五戦全て一番人気の支持を受けて来た◎10エイシンヴァイデン(デムーロ)。今回、初めて一番人気ではないけれど、前で自在に運べそうだし。デムーロだし。

Continue reading "[予想]朝日杯フューチュリティS(G1)。エイシンヴァイデンを見てる。"

| | Comments (1) | TrackBack (6)

「Life is beautiful/DOUBLE」。Jazzの衣を借るR&Bの歌姫。

井上陽水と「ワインレッドの心」
「あやしい夜をまって」(1981)から「LION & PELICAN」(1982)に掛けて、一つの頂点を極めたように見えたがそこは、同じ事の継続をツマラナイとする井上陽水である。次作「バレリーナ」(1983)でのチャレンジは、見事にセールス的失敗を得た。

Continue reading "「Life is beautiful/DOUBLE」。Jazzの衣を借るR&Bの歌姫。"

| | Comments (15) | TrackBack (0)

The Great American Songbook Volume III/Rod Stewart。相変わらず艶っぽいStevieのハーモニカ

ロッド・スチュワートのスタンダードナンバー集第三弾。「この素晴らしき世界」で、スティーヴィーがハーモニカで参加。季節柄でしょうか、ちょっと、クリスマスっぽい感じがします。実は、ロッド・スチュワートは、あんまり、聴いた事がなくて、このハスキーヴォイス、ちょっと、引っ掛かるのですけれど、慣れれば、結構、味があると思えて来るかも知れません。スティーヴィーのハーモニカは、相変わらず、艶っぽい音色。うっとりしてしまいます。

Continue reading "The Great American Songbook Volume III/Rod Stewart。相変わらず艶っぽいStevieのハーモニカ"

| | Comments (413) | TrackBack (0)

葬式でStevie。そして陽水。

親戚に不幸があった。先日、通夜と告別式を滞りなく済ませた。立派な斎場での葬儀。葬儀社のお姉さんがマイク片手に司会進行。BGMに、当たり障りのない、しんみりとしたインストゥルメンタル音楽を使っていた。

Continue reading "葬式でStevie。そして陽水。"

| | Comments (14) | TrackBack (0)

[回顧]阪神ジュベナイルF(G1)。検討外れの大穴狙い。

スタートしてから、内枠の一番と二番の馬しか目に入らなかった。○1カシマフラワーと◎2エリモファイナル。二頭とも、外から果敢に、しかし、マイペースで逃げる18キャントンガール(デムーロ)の後ろで、気持ち良く先行。ちょっと、気持ち良く行き過ぎているきらいもあるが、この二頭を軸にした3連単大穴馬券を握り締めた私の気持ちは、そんな不安からは一切、無縁で、最後の直線、この二頭が先頭に踊り出てくれる事だけを、願っている。断然人気の▲3ラインクラフトは、この二頭よりちょい後ろ。

Continue reading "[回顧]阪神ジュベナイルF(G1)。検討外れの大穴狙い。"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

[予想]阪神ジュベナイルF(G1)。何となく2001年。大穴狙い。

1200m迄しか距離経験はないし、キャリア七戦と使い込まれてきているけれど、前走、門別のダート戦を勝ってきた1カシマフラワーに、なんとなく、2001年、二着に来たアローキャリーの雰囲気を感じる。ダート勝ち経験があるという事以外に共通点はないかも知れないが。

Continue reading "[予想]阪神ジュベナイルF(G1)。何となく2001年。大穴狙い。"

| | Comments (1) | TrackBack (6)

翻訳ソフトで変換また変換

翻訳ソフトネタの記事もこれで、四つめ。今回は、Google以外の翻訳ソフトを試してみました。このサイトの副題

競馬と陽水とStevieに溺れる日々

を英語に訳してみます。

Continue reading "翻訳ソフトで変換また変換"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Googleの翻訳機能による面白変換

前の記事で、Googleの英語サイトの翻訳機能を使って、日本語で書かれた私のサイトを英語に訳してみたら、このサイトの副題「競馬と陽水とStevieに溺れる日々」が、「 - horse racing and the positive water and the everyday life which is drowned to the Stevie -」になった事を指摘しました。

Continue reading "Googleの翻訳機能による面白変換"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

陽水を英語で訳したら

Google.co.jpの日本語サイトに英語を日本語に訳す機能が付いているなら、その英語サイトには、日本語のサイトを英語に翻訳する機能があるだろう。という事で、Google.co.jpから、「Google.com in English」のリンクを辿り、英語サイトGoogle.comに行きます。そこで、折角ですので、この私のサイトを検索してみたら、案の定。横には、[ Translate this page ]というリンクが付いてました。

Continue reading "陽水を英語で訳したら"

| | Comments (10) | TrackBack (0)

Googleの翻訳機能を使いstevie-wonder.comを読む

Google.co.jpでの検索結果に英語サイトが出て来ると、横に、[ このページを訳す BETA ]というリンクが表示される。クリックすると、その英語サイトを、日本語に翻訳してくれる。例えば、こんな風。

Continue reading "Googleの翻訳機能を使いstevie-wonder.comを読む"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

長谷川京子の「Key Of Life」

12月に入りました。いよいよ師走。忠臣蔵からクリスマスに掛けて、街中が、一年で一番盛り上がっていく季節。いつも、その流れに乗り遅れてしまうきらいがある私は、今日、コンビニに置いてある雑誌「anan」の表紙(12/01発売号)にぐっときてしまいました。誰かと思えば、長谷川京子ちゃん。昔は、女性誌を立読みするのに、ちょっと、抵抗もありましたが、最近は、あんまり気にしないで、有無を言わさず、中身をチェック。なかなか良い。レジには持っていきませんでしたが。

Continue reading "長谷川京子の「Key Of Life」"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »