現実はいつも予想を裏切る。土曜のエルムS、日曜の新潟&小倉二歳Sその他。

土曜日のエルムS(G3)は、ウインヂュエル。遅れて来た大器という奴にめっぽう弱いワタシ。でもって、日曜日の新潟二歳S(G3)はマイネルレコルトで、小倉二歳S(G3)は、エイシンヴァイデン。将来有望な若駒という奴にも、ふらっときちゃったりする。来週から秋競馬。夏競馬の最後は、綺麗に手堅く締めようという所存だったのだけれど。

まずは、土曜日。
札幌9R_エルムS(G3)_別定_ダート1700
5ウインヂュエル(岡部)に期待。去年、同じ藤沢厩舎の馬でレディブロンドというのがいて、これが、古馬500万条件でデビューしてその後、連戦連勝、ついには、G1スプリンターズSに出走するまでに登り詰めた。5ウインヂュエルは、それ程、鮮烈なイメージはないけれど、一年一か月も休んだ後に、じっくりと六連勝。まだ、底を見せていない魅力があり、一応、格では、重賞三勝、東京大賞典(G1)四着の11タイムパラドックス(安藤勝)に譲るのだけれども、ここで、これに勝つようであれば、いよいよ、ダート王、アドマイヤドンへの挑戦、なんて、夢も見れようというもの。

どう考えても、この二頭の一騎打ち。馬券は欲張らず、5ウインヂュエルの単勝。しがらみがあって、ずっと、追いかけてる1リキアイタイカン(横山典)も出てるのだけれど、何故に、ダート?。いくらなんでも、無理だろうと思いつつ、1-5-11の3連複を100円だけ買ってしまうワタシ。

Continue reading "現実はいつも予想を裏切る。土曜のエルムS、日曜の新潟&小倉二歳Sその他。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

狙った馬が来ても馬券は外す不思議:新潟記念(G3)

狙うは六番人気トーセンダンディ。訳は一昨年の秋に遡る。シンボリクリエスが三歳で、一度目の天皇賞(秋)を獲った一昨年の秋の日曜、忘れもしない10/27の関西のメインレース渡月橋S。これは、七、八、九番人気の決着となり、3連複が63240円の万馬券になったのだけれど、実は、これ、三着入線した二番人気トーセンダンディが進路妨害で六着に降着となったおかげの大波乱だったのである。

レースが審議になる事は、しょっちゅうだけれど、到達順位が覆される事は、めったにない。この時も、半分、諦めていたのが、思いがけない人気馬の降着。外れ馬券が当り馬券に転じた幸運を誰に感謝したら良いのだろう。取り敢えず、トーセンダンディ、降着してくれて有難う、と、不思議な縁であるが、それ以来、ずっと、彼を見続けているのである。

渡月橋Sの次走、古都Sで一着。その後、休養を何度か挟みながらオープン、重賞を使われるのだが、結果は出せず。しかし、前々走の七夕賞(G3)で、着順は、八着なるもタイム差0.3秒、そして、前走の関屋記念(G3)であわやの四着。いよいよ狙うなら、今日。ま、距離2000mというのがちょっと、長いかもしれないのだが。

Continue reading "狙った馬が来ても馬券は外す不思議:新潟記念(G3)"

| | Comments (2) | TrackBack (3)

北村宏君で取った邁進特別、返す刀でやられた札幌はくぼクローバー賞

新潟競馬は北村宏君から行こうと決めてたのに、きっちり、北村宏君で馬券が取れたのは、メインの11R邁進特別(1000万)のみ。北村君は、8R、11R、12Rと一着だったのに。特に、札幌のはくぼレースの資金を温存するつもりで最終レースを見送ってしまったのが、私の博才のなさを示すようで、これは、もう少しなんとかならんかなと思う。

札幌はくぼ11R_クローバー賞_二歳オープン_芝1500
藤沢厩舎のキングストレイル(岡部)。新馬線戦を楽勝。相当、奥が深そうで、どの新聞の印みてもぐりぐりの二重丸がついている。お母さんのサンタフェトレイルは、1993年雨のマイルCS(G1)を制したシンコウラブリイの五歳下の妹。お父さんはサンデーサイレンス。

Continue reading "北村宏君で取った邁進特別、返す刀でやられた札幌はくぼクローバー賞"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

金メダルの数と札幌記念(G2)

金曜の夜。
「アテネオリンピックで、日本の金メダルの数を、十一個と予想してたんですよ。」
「え、でも、今、九個だから、あと、二つだな。」
「もしかしたら、もっと、取りそうな勢いですけど、結構、良いセン、行ってますよね。これだけ取ると事前に予想してた人、そうはいないでしょう。ま、自分は、予想してただけで、別に、当たっても、何にもないんですけどね。」
「じゃあ、明日、11番、買えば。」

おお、そういう手があったか。まぁ、自分の個人的オリンピック金メダル数予想と、明日の競馬の結果が密接な関係を持つとは、あまり、考えられないのだけれども。まぁ、誕生日の日付で買ったら当たっちゃたぁって、いう人もいるから、一応、レースの馬柱を観てから、考えてみよう。と思いつつ、土曜日の競馬はお休み。そして、予想の事など、すっかり忘れて迎えた日曜日は、札幌記念(G2)。

Continue reading "金メダルの数と札幌記念(G2)"

| | Comments (58) | TrackBack (2)

ネオユニヴァース引退を聞いて

去年の皐月賞(G1)、ダービー(G1)を制したネオユニヴァースが引退。競走馬の不治の病である屈腱炎が原因だって。治して、復活してくれるものと、期待してたのだが。何か、そういう想いを残したままの引退というのが、最近、多い気がする。

そのせいか、そのまま、そのままっ!!さんのネオユニヴァース 馬券の思ひ出ぽろぽろの記事を初めとして、この話題を取り上げる競馬BLOGも多い。

私がしかと、ネオユニヴァースを見たのは、去年、皐月賞トライアルのスプリングS。馬券は、二着サクラプレジデントから一着ネオユニヴァースの馬単一点で外れ。続く皐月賞では、再び、サクラプレジデントの叩き合いになり、見事、これを制したネオユニヴァースの鞍上、ミルコ・デムーロ騎手は、エキサイトして思わず、隣の田中勝春騎手の頭をポカリ。更に、ダービーでは、文句のつけようのない勝ち方で、二着ゼンノロブロイ以下を完封。鞍上のミルコ・デムーロがウイニングランで馬上で泣き崩れ、更に、「僕じゃないよ、馬が偉いんだよ」としきりにアピールする所は、二着のゼンノロブロイから買っていた私も、思わず胸が熱くなるシーンでした。

Continue reading "ネオユニヴァース引退を聞いて"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

競馬日記。WINS汐留にて。エルノヴァを買ったつもりがマイネヌーヴェルになってたクイーンS(G3)

昨夜、飲み過ぎて、昼過ぎまでうだうだ。朝からどしゃどしゃ雨降って、久々に涼しい。午後、雨が上がる。さて、お盆休みに競馬をするのも今日で連続三日目であるが、昨日、WINS水道橋でやられちゃって、あそこへは行く気しない。ふと、思い付いて、WINS汐留へ行ってみる事にした。今時、随分、バブリーな建物だという事で、一度は、行ってみたかったのだ。

そうそう、以前、WINS汐留の記事を、競馬blog諸先輩方の所で、見た事がある。
nonnnonnnohibiさんの新橋の新しいほうのウインズについて
と、
負け馬@馬耳東風さんのそもそもあんなところにWINS作ったら当然てこ入れ必要だと思うが。
だった。WINS汐留の発売単位が500円から100円になるという事を受けての記事。

行ってみると、案外、不便な場所にある。最近、再開発が著しい汐留地区とは、JRの線路で分断されちゃっているので、豪華な外見がそこだけ浮いてみえる。ほとんどの人が、新橋から歩いてきているようだ。

Continue reading "競馬日記。WINS汐留にて。エルノヴァを買ったつもりがマイネヌーヴェルになってたクイーンS(G3)"

| | Comments (8) | TrackBack (1)

競馬日記。札幌日刊スポーツ杯にリキアイタイカン他

高田馬場の喫茶店で、酷く不味かった雑居ビルの居酒屋ランチの口直しに濃いエスプレッソを飲みながら、「今日、また、リキアイタイカン出ますよ。ミデオンビットも。」と話し出す。またか、という感じで、本気で、聴いては貰えない。WINS後楽園へGo。

札幌9R_札幌日刊スポーツ杯_オープン_別定_芝1200
青函Sの再戦のようなメンバー。ずっと、追いかけてる10リキアイタイカン(勝浦)と8ミデオンビット(岡部)は一応押えるけれど、やっぱり、全幅の信頼はおけないので、ばらばらとBOXで買う。全部で20通り。

Continue reading "競馬日記。札幌日刊スポーツ杯にリキアイタイカン他"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

盛岡の仇を川崎で返す

大井競馬場で、盛岡のクラスターCを買ってやられた後、乗り込んだのは、8/14 金曜日、夕方、お盆休みに入って、かなり盛況の川崎競馬場だった。普段は、もっと、殺伐として、鉄火場としての雰囲気もありそうな地方の競馬場であるが、今日は、ファミリー客の姿もちらほらして、ちょっと、遊園地みたいでもある。お父さんが子供に焼き蕎麦と冷やしトマトを買い、おばあちゃんは、パドック脇で、男の子に向かって、「ほら行くよ」と声を掛けると、男の子は、「白い馬が来るまで居る」と抵抗し、「白い馬?何処にいるの」「誘導馬だから、まだ、出て来ない」等と話している。

人と馬との距離が近い。パドックの最前列に位置取ると、蹄が地面を蹴る音が、良く聞える。以前、新聞の印に関係なく、パドックを回る時の蹄の音が、ポックリ、ポックリ、力強く響いている奴を買ったら、それが結構な穴馬券になったという素敵な想い出がある。今日も、同じ作戦でいく。名付けて、「ポックリ馬を探せ」作戦。

Continue reading "盛岡の仇を川崎で返す"

| | Comments (6) | TrackBack (1)

大井で盛岡のクラスターC(G3)を買う

15:30過ぎ、大井競馬場に到着。しばらく来ない内に、何だか新しいスタンド(L-WINGというらしい)が出来てるみたいだけれど、ゆっくり見物している時間的余裕はない。馬の走っていない競馬場はのびのびしている。でも、そんな雰囲気に浸りにきたのでは、ナイので、足早に、旧スタンド1Fの場外発売所の暗がりへGo。

盛岡10R_クラスターカップ(G3)_ダート_1200m
モニターに、盛岡のクラスターCのパドックが映し出されている。あまり、良いモニターでないので、詳細は判らず。でも、今日は、もう、予想もへったくれもなく、3タイキバカラ(蝦名)と心中だから、あんまり関係ない。

買うのは、単勝。あと、馬連。ほぼ、12ディバインシルバー(安藤勝)との一点でOKだと思うが、念を入れて、8ノボトゥルー(武豊)と、13シャドウスケイプ(江田)にも流し、あと、ちょっぴり、地方馬の10タイキシェンロン(菅原勲)にも流す。

Continue reading "大井で盛岡のクラスターC(G3)を買う"

| | Comments (20) | TrackBack (0)

どうする?クラスターC

ううっ、寝過ごしてしまった。
盛岡のクラスターCは、ええと、16:05発走か。
東京近辺だと、大井競馬場か川崎競馬場行かないと買えんのか。うー、どうする。今から。間に合うか。

良し、行く。駄目な子程、可愛い、タイキバカラ君に、あまり見返りを期待しない投資をしにいく。
決して、お金に捨てに行くのではない。
断じて。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

より以前の記事一覧