2004年馬券回顧と2005年抱負

数年前、TVで井上陽水氏が「最後のニュース」を唄うのを観ている時に、突然、閃いた。

Continue reading "2004年馬券回顧と2005年抱負"

| | Comments (9) | TrackBack (0)

雪降る東京大賞典(G1)はアジュディミツオーの逃げ切り

過去の戦歴から実績上位は以下の四頭。人気順に記すと、

Continue reading "雪降る東京大賞典(G1)はアジュディミツオーの逃げ切り"

| | Comments (0) | TrackBack (6)

[回顧]有馬記念。強いロブロイが見れて満足。

本命1ゼンノロブロイが一着!。「後、二週欲しい」と佐々木晶三調教師が言ってたタップダンスシチーが二着!。うっわぁー。調子ひと息だって、いうからさぁ、印軽くしたのに。あの素晴らしくもしっかりした競馬っぷりは何だ!

Continue reading "[回顧]有馬記念。強いロブロイが見れて満足。"

| | Comments (90) | TrackBack (8)

[予想]有馬記念は「陽水トリビュート」?

去年の菊花賞から、ずっと、勝ちあぐねてきた素質馬ゼンノロブロイが、今秋、天皇賞秋(G1)を見事に勝って、続く、ジャパンC(G1)を連勝。歴戦の疲れが心配されもするが、もはや、軽く平気な顔をして、あっさり物事を成し遂げてしまう風格めいたものまで、感じてしまう。よって、迷わず、本命。ここまで、ずっと、買い続けて来て、ここで、買わない理由はない。

Continue reading "[予想]有馬記念は「陽水トリビュート」?"

| | Comments (60) | TrackBack (22)

[回顧]阪神牝馬S(G2)、CBC賞(G2)、フェアリーS(G3)。全部外す。

今週は、まぁ、こんなもんですよ。いいの、来週、当たれば。

Continue reading "[回顧]阪神牝馬S(G2)、CBC賞(G2)、フェアリーS(G3)。全部外す。"

| | Comments (1) | TrackBack (4)

[予想]阪神牝馬S(G2)、CBC賞(G2)、フェアリーS(G3)。淡々と。

ジャパンCを最後に、馬券の成績は落ち込んでいる。一年の総決算、有馬記念を来週に控えて、今週は、軽く、コンディションを整えるだけにする。三つも重賞があるけれど、どれも人気は割れていてなかなか、ムツカシそう。予想は、印だけ。

Continue reading "[予想]阪神牝馬S(G2)、CBC賞(G2)、フェアリーS(G3)。淡々と。"

| | Comments (14) | TrackBack (17)

ダンスインザムードは香港で惨敗

香港の結果はどうなったのだろうか。うちは、グリーンチャンネルの中継は見られない。渋谷のJRAの広報展示施設プラザエクウスで、見られるらしい事を知り、出掛ける。到着したのは6時半過ぎ。とっくに中継は終わっていた。

Continue reading "ダンスインザムードは香港で惨敗"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

[回顧]朝日杯フューチュリティS(G1)。エイシンヴァイデンは直線半ばまで。

予定があったので、午前中、WINSへ出掛け、来年のJRAカレンダーを貰って、早々と馬券も買ってしまった。帰ってきて、あれやこれやで、予想をアップしたのは、レース直前。直後、その予想が露と散るのを目の当たりにする。自己嫌悪。これも、何だか、ショックが大きいものです。

Continue reading "[回顧]朝日杯フューチュリティS(G1)。エイシンヴァイデンは直線半ばまで。"

| | Comments (1) | TrackBack (6)

[予想]朝日杯フューチュリティS(G1)。エイシンヴァイデンを見てる。

デビューから五戦全て一番人気の支持を受けて来た◎10エイシンヴァイデン(デムーロ)。今回、初めて一番人気ではないけれど、前で自在に運べそうだし。デムーロだし。

Continue reading "[予想]朝日杯フューチュリティS(G1)。エイシンヴァイデンを見てる。"

| | Comments (1) | TrackBack (6)

[回顧]阪神ジュベナイルF(G1)。検討外れの大穴狙い。

スタートしてから、内枠の一番と二番の馬しか目に入らなかった。○1カシマフラワーと◎2エリモファイナル。二頭とも、外から果敢に、しかし、マイペースで逃げる18キャントンガール(デムーロ)の後ろで、気持ち良く先行。ちょっと、気持ち良く行き過ぎているきらいもあるが、この二頭を軸にした3連単大穴馬券を握り締めた私の気持ちは、そんな不安からは一切、無縁で、最後の直線、この二頭が先頭に踊り出てくれる事だけを、願っている。断然人気の▲3ラインクラフトは、この二頭よりちょい後ろ。

Continue reading "[回顧]阪神ジュベナイルF(G1)。検討外れの大穴狙い。"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧