« 土岐麻子がブルーノートツア- | Main | 映画「レディ・ジョーカー」。川崎競馬場で出会う男達。 »

ボブ・サップに「Higher Ground」と「氷の世界」はどうだ

類稀な肉体に限りない可能性を秘めながら、心が弱くて、素質が開花せずにいるボブ・サップと曙。大晦日のK-1 Dynamite!!での両者には、少なからずがっかりし、Saigenjiの「Golden Lady」を聴いて性根を叩き直せという記事を書いた。

ボブ・サップと曙に聴かせたい「Golden Lady」by Saigenji

それでも、所詮、曙には、やる気が感じられないから問題外。一方、ボブ・サップは、まだ、何とか頑張ろうという姿勢は伺えるので、エールを送る意味も込めて、もう一つ、こんな曲はどうだ。

Higher Ground/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
ファンクでハードなロックバンド(という形容で良いのかな?)、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(Red Hot Chili Peppers)が1989年、四枚めのアルバム「Mother's Milk」の二曲めでカバーしたスティーヴィー・ワンダーの「Higher Ground」である。

当時、渋谷の雑居ビルの中にあるレコード店で、ガンガン掛かっていたのが、初めて、聞いた時。衝撃的で、興奮して、曲が終わるまで、その場を動けませんでした。その後、あちこちで、耳にした記憶があるから、それなりにヒットしていたのだと思います。

自分は、どちらかというと、メロウな音が好きで、いわゆる、ガンガンギンギン言わせるハードロック調の音は苦手なのだけれど、これは、全然、OK。良く聴くと、実は、単調な一本調子なだけじゃない事が判るし。そうは言っても、聴く時は、やはり、大音量でガンガン鳴らしたい。

怒濤のイキオイで、一気に唄い切ってる3分20秒。ある意味、ボブ・サップが2002年にデビューした当初の迫力には、これと通ずる所があったのではないでしょうか。

Gonna keep on trying till I reach my highest ground

序盤の猛攻のイキオイが、スタミナ不足故、最後まで続かず、また、一旦、守りに入ると、からきし意気地がなくなってしまう今のボブ・サップに、もっと、高い所へ辿り付くまで、弛みなくチャレンジし続ける強い心を持って欲しいと切に願う。

ま、こんな話もあるのだけれど。

Yahoo!ニュースエンターテインメントニュース - 12月26日(日)10時41分:サップ 遂にハリウッドデビュー


母乳
母乳/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
Mother's Milk/Red Hot Chili Peppers
Mother's Milk [Bonus Tracks] [EXPLICIT LYRICS] [FROM US] [IMPORT]
「Higher Ground」収録。[IMPORT]のリンク先で少し試聴出来ます。

インナーヴィジョンズ [LIMITED EDITION]
インナーヴィジョンズ [LIMITED EDITION]/スティーヴィー・ワンダー(1973)
Innervisions (Rmst) [ORIGINAL RECORDING REMASTERED] [FROM US] [IMPORT]/Stevie Wonder
[IMPORT]の方で、ちょっと、試聴可能。


去年の大晦日、引越し前のnonnnonnnohibiさんの所(2004ねん もっともぐるぐるまわったもの-nonnnonnnohibi)で、「ことし一番きいたもの」として、
グレイテスト・ヒッツ (初回生産限定CD+DVD) [LIMITED EDITION]
グレイテスト・ヒッツ (初回生産限定CD+DVD) [LIMITED EDITION]/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(2003/11/27)

が紹介されていた。正直、自分の中でのレッド・ホット・チリ・ペッパーズは、「Higher Ground」の1989年当時から進んでないのだけれど、上記のDVD付の限定ベスト盤は、もうとっくに売り切れてしまっているみたいで、それから後の活躍もなかなかのものらしい。
グレイテスト・ヒッツ [BEST OF]/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(2003/11/22)
通常のベスト盤はこれ。もちろん、「Higher Ground」が入ってる。

氷の世界/筋肉少女帯
この記事を書く為に、何度も、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの「Higher Ground」を聞いてたら、もうひとつ、聴きたくなった井上陽水のカバー。大槻ケンヂ氏、率いる筋肉少女帯が、1992年、シャウトバージョンで唄った「氷の世界」。

窓の外ではリンゴ売り、声を枯らしてリンゴ売り
きっと誰かがふざけて、リンゴ売りの真似をしているだけなんだろう

というシュールな情景描写で始まり、
毎日、吹雪、吹雪。氷の世界。

と高らかに唄い上げる曲である。

バンドのイキオイに、所々、ピコピコでうねるシンセサイザーの音が彩りを添えて、叩き出すリズムに乗せて、一気に言葉を吐くような3分59秒。CDパッケージを見ると、「筋肉少女帯結成10周年記念特別シングル」というシールが貼ってあった。でも、とても、若さに溢れている。

私の競馬歴は、今、十年と、ちょっと。ちょうど、こんな感じかも。
井上陽水歴とスティーヴィー・ワンダー歴は、二十年を超えた。でも、まだまだ、やっぱり、こんな感じかも。


King-Show Index:筋少オフィシャルサイト

筋肉少女帯の「氷の世界」は、シングル「氷の世界」(1992/2/21)か、「筋少の大水銀」(1993/11/1)というシングル盤ノーセレクションアルバムで聴けますが、2005年1月25日現在、いずれも入手困難のようです。うーん。今後、何か、企画コンピレーションアルバム等に収録されると良いのに。

King-Show Index:筋少オフィシャルサイト:氷の世界
で、ほんのちょっとだけ聴けた。

氷の世界 [LIMITED EDITION]
氷の世界 [LIMITED EDITION]/井上陽水(1973)
オリジナルはこれ。
GOLDEN BEST
GOLDEN BEST/井上陽水(1999/07/28)
勿論、「氷の世界」も入ってるベスト盤。


|

« 土岐麻子がブルーノートツア- | Main | 映画「レディ・ジョーカー」。川崎競馬場で出会う男達。 »

Comments

chicさん こんばんわ

旧宅にTBがきていてびっくり!!
それよりも、、、恥ずかしながら、、、
Higher Groundがスティーヴィー・ワンダーのカバーとは知りませんでした
レッチリのカバーはかなりロックなかんじなので
オリジナルがとても気になって30秒試聴してみました
元はちゃんとスティーヴィー・ワンダーでした
なんか不思議な感じだなぁー


Posted by: nonnnonn | Wednesday, January 26, 2005 at 11:33 PM

nonnnonnさん、どうも。
私は、色んな人が、「Higher Ground」を、唄うのを耳にしているのですが、それこそ、初めて、レッチリのカバーを聴いた時は、びっくりしました。

Posted by: chic | Friday, January 28, 2005 at 02:12 AM

Hey! Do you use Twitter? I'd like to follow you if that would be okay. I'm absolutely enjoying your blog and look forward to new updates.

Posted by: best dating sites | Saturday, December 27, 2014 at 10:54 PM

Terrific work! That is the kind of info that should be shared across the web. Disgrace on Google for now not positioning this publish higher! Come on over and consult with my web site . Thanks =)

Posted by: best dating sites | Thursday, January 08, 2015 at 08:22 PM

Marvelous, what a web site it is! This website presents valuable facts to us, keep it up.

Posted by: match.com | Sunday, February 08, 2015 at 10:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28782/2698350

Listed below are links to weblogs that reference ボブ・サップに「Higher Ground」と「氷の世界」はどうだ:

« 土岐麻子がブルーノートツア- | Main | 映画「レディ・ジョーカー」。川崎競馬場で出会う男達。 »