« Stevie Wonderの新作は四月発売?。まだ予断は許さず。 | Main | 忌野清志郎のライブに井上陽水が飛入り出演 »

映画「2046」。チャン・ツィイー、いつのまにか少女は

去年の11月に観た映画のレビューを今頃。芸術性溢れる香港の奇才、ウォン・カーウァイ(王家衛)監督の作品。「恋する惑星」は、観た事があるけど、なんか、不思議な味わいの映画だった。私がウォン・カーウァイ監督の作品を観るのは、それ以来。ま、トニー・レオン(梁朝偉)も好きな役者さんだし、マギー・チャン(張曼玉)も出てるし、フェイ・ウォン(王菲/Faye Wong)やチャン・ツィイー(章子怡)も観れるので、誘われて断る理由もなく、出掛けたのでした。

2046公式サイト

恋する惑星
恋する惑星


しかし、ある程度、予測はしていましたが、かなり、判り難い映画でした。良く言えば「芸術的」なのだろうけれど、どうも、釈然としない。香港返還(1996)から50年というのも、何かキーになって、色んな、時間が錯綜しているらしいのだが、もう、完全に、こちらの理解力のキャパシティーを超えてしまい、トニー・レオン演じる主人公以上に、私は深く悩んでしまいました。同行者の説明によると、前作の「花様年華」って奴を観てないと、判らない部分があるそうです。

in the Mood for Love ~花様年華
in the Mood for Love ~花様年華
花様年華(通常版)

さらに、多少、中国語も判る彼の解説によると、片方は北京語、もう片方が広東語で、普通に会話を交わすシーンもあったらしい。木村拓也は日本語のままで、フェイ・ウォン相手に話し掛け、でも、果たして会話は成立しているのかいないのか、微妙な感じで何処かモノローグのよう。全編、アンニュイでシュールな雰囲気が漂う。

要は、トニー・レオンを中心に、様々な女の人が関わっていく、香港の源氏物語なのかな、という気がしました。実は、源氏物語、読んだ事ないのですけれど。主人公は、数多の女性とやんごとなき関係を結びつつも、常に苦悩している。何で、悩んでいるのかは、最後まで、良く判らない。

判らない事だらけのこの映画の中にあって、救われた想いがしたのが、チャン・ツィイーの溌剌とした蓮っ葉な演技。出世作「初恋のきた道」で、純朴一途な恋心を貫く、いじらしくも可憐な田舎娘を演じ切った少女が、ああ、なんとも、あからさまにトニー・レオンとベッドの中で戯れています。「初恋のきた道」の純朴なチャン・ツィイーに心奪われたオヤジには、ちょっと、ショッキングなシーンかも知れません(笑)。チャン・ツィイーのこれまでの出演作ベスト1に迷わず「初恋のきた道」を挙げる同行者は、「チャン・ツィイーは、あんな事しちゃいけない。許せん。」と、憤慨してました(笑)。彼に言わせると、「LOVERS」も良くないそうです。しかし、少女は、

いつのまにか愛を使う事を知り
知らず知らず恋と遊ぶ人になる
「いつのまにか少女は/井上陽水」

のが世の慣わし。いつまでも、三つ編みの少女のままでは、ないのでした。

あ、チャン・ツィイーは、ベッドシーン以外の演技も、とても、素晴らしかったです。一応、念の為。また、チャン・ツィイーのベッドシーンを目当てに、この映画を観るのも止めた方がいいです。そういう映画ではありませんので(笑)。

追記:
綺麗になったチャン・ツィイーは、アジエンス TVCMで、世界が嫉妬する髪をアピールするアジアンビューティを演じ、今年の第77回アカデミー賞授賞式のプレゼンターも務めるなど、活躍はワールドワイドに。で、トラックバック戴いたツボヤキさんの情報によれば、今度は、「ゲイジャ」を演じるそうな。うーむ。


チャン・ツィイー出演作:
初恋のきた道 [SUPERBIT(TM)]
初恋のきた道 [SUPERBIT(TM)]
「オヤジ心」直撃の純情可憐さ。

グリーン・デスティニー コレクターズ・エディション
グリーン・デスティニー コレクターズ・エディション
まだ、観てない。

英雄 ~HERO~ スペシャルエディション
英雄 ~HERO~ スペシャルエディション
鮮やかな色彩の中、衣を着て舞う。

MUSA -武士-
MUSA -武士-
観てない。

LOVERS
LOVERS
舞う。踊る。

2046
2046
そして、少女は、いつのまにか愛を使う事を知る。だけど・・・。



過去記事:「いつのまにか少女は/持田香織produce by井上陽水」をやっと買う
いつの間にか少女は (CCCD)[MAXI]/持田香織 with 井上陽水
(2004/10/20)発売
YOSUI TRIBUTE
YOSUI TRIBUTE(2004/11/10)
上記楽曲収録の井上陽水トリビュートアルバム。
夢の中へ ― ベストアルバム/井上陽水(1999/05/26)
「いつのまにか少女は」オリジナル収録の初期ベストアルバム。




|

« Stevie Wonderの新作は四月発売?。まだ予断は許さず。 | Main | 忌野清志郎のライブに井上陽水が飛入り出演 »

Comments

チャン・ツイィーのアイラインが
セクシーでたまらなかったです!

Posted by: chishi | Saturday, February 26, 2005 at 02:57 AM

ですね!

Posted by: chic | Saturday, February 26, 2005 at 03:11 AM

TBいただきありがとうございます。
あくまでも「2046」の中のチャンだった、とは思ったのですが、いつのまにか少女は・・・に別のTBをさせていただきました。本当に根性の座った女優になってきたですね。見上げたもんだ、と感心するばかりです。
「2046」は、コン・リーが圧倒的に力をみせつけてくれましたが、チャン、とても良かったです。出だしは大陸の女性らしい結構押しの強さが良くって、それが儚げになって行く様子は、切ないものがありました。巧いですね。
陽水がお好きなんですね。どれをとっても秀作揃い、参ります。素晴らしい声、ヴォーカリストですね(曲のセンスも含めて)

Posted by: ツボヤキ | Saturday, February 26, 2005 at 03:18 AM

ツボヤキさん、こんばんわ。
丁度、今、戴いたトラックバック元にコメントを書かせていただいた所でした。
チャン・ツィイーの新作情報、有難う御座います。今後、チャン・ツィイーがどう、変わっていくのか、また、楽しみが増えました。
チャン・ツィイーの記事に井上陽水を折り込むのは、唐突かな、と思いつつも、私にとっては、どちらも、お気に入りなので、やってしまいました。
これからも、宜しくお願いします。

Posted by: chic | Saturday, February 26, 2005 at 03:50 AM

chicさん、初めまして、そしてTBどうもありがとうございます!
chicさんのBlogを読んで、チャン・ツィイーの映画が見たくなりました~。ここの所めっきり見てません。トホホ。

芸能ニュースを見ていたら、チャン・ツィイーは映画出演が続いているようですね。ゲイシャもそうですし、渡辺謙さんとか桃井さんとかと共演する日本人の役もあるそうで。何とか時間を取って映画を見て、彼女の魅力を少し研究せねばっ(してどうする…?)

Posted by: orange(*^-^*)/~ | Thursday, March 10, 2005 at 04:34 AM

orange(*^-^*)/~さん、こんばんは。
「初恋のきた道」のチャン・ツイィーがイイ!というのは、オヤジだけの感覚かと思ったら、この間、二十代女性で、おんなじ事、言う人がいて、ちょっとびっくりしました。
「最近のチャン・ツイィーは、確かにスリムになって綺麗だけれど、「初恋のきた道」のチャン・ツイィーのおさげ髪と、餃子持って、横走りする魅力は、なくなってしまった」そうです。
私は、今の綺麗な、チャン・ツイィーも好きですけど。
これから、チャン・ツイィー観るなら、「初恋のきた道」と最近のをまず御覧になってから、その秘密を研究(?)なさると良いのではないでしょうか(笑)。
ではまた。

Posted by: chic | Thursday, March 24, 2005 at 02:15 AM

Fabric is not as durable as carpeting, which is thicker and can stand up to cats scratching better. Your pet can use it to sharpen her claws without destroying your furniture. This means that everyone needs to know what rooms the cat is allowed in.

Posted by: Barb | Monday, March 10, 2014 at 09:44 AM

The only thing you have to do is to utilize this laser leveler tool which will project a visible laser-cross on the walls by simultaneously, displaying accurate horizontal and vertical lines within seconds. Naperville landscapers are a solution for yard landscape and maintenance. I prefer to use particle board because it is less expensive than plywood and works just as well.

Posted by: carpenter Birmingham | Monday, April 21, 2014 at 06:01 AM

Fantastic blog! Do you have any recommendations for aspiring writers? I'm planning to start my own website soon but I'm a little lost on everything. Would you advise starting with a free platform like Wordpress or go for a paid option? There are so many options out there that I'm completely overwhelmed .. Any recommendations? Thank you!

Posted by: how to grow taller | Saturday, June 28, 2014 at 02:52 AM

I couldn't refrain from commenting. Well written!

Posted by: free music downloads | Thursday, February 26, 2015 at 07:04 PM

When someone writes an article he/she maintains the thought of a user in his/her brain that how a user can be aware of it. Therefore that's why this piece of writing is perfect. Thanks!

Posted by: match.com | Monday, April 06, 2015 at 09:50 PM

Do you mind if I quote a couple of your articles as long as I provide credit and sources back to your site? My website is in the very same niche as yours and my visitors would genuinely benefit from some of the information you provide here. Please let me know if this alright with you. Thanks a lot!

Posted by: edc items | Tuesday, September 15, 2015 at 08:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28782/3078038

Listed below are links to weblogs that reference 映画「2046」。チャン・ツィイー、いつのまにか少女は:

» 2046 [ネタバレ映画館]
 秘密を隠すにはどうするか?井戸の中に叫べばいいんですよ。「王様の耳はロバの耳!」ってね。。。  まさしく秘密を言いたくなる映画、「つまんないですよ、これ」っ... [Read More]

Tracked on Saturday, February 26, 2005 at 02:37 AM

» 『2046』 [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
レイトショーで観てみました。 そして…感想なんですが…こりはフランス映画だったっけ?と、何度思ったことか! 音楽が、凄く気持ちいい…すごく印象に残る。 キネマ... [Read More]

Tracked on Saturday, February 26, 2005 at 02:55 AM

» ■2046 [ツボヤキ日記★TUBOYAKI DIARY]
●トニー・レオンの王家衛監督作品集大成とも感じられる名作(迷作!苦笑)ではないのか!《ocean-filmsのTRAILER》見ただけで、その立ちのぼる色香にノ... [Read More]

Tracked on Saturday, February 26, 2005 at 03:10 AM

» ■オペレッタ狸御殿 主演チャン・ツィイー オダギリジョー 監督:鈴木清順 [ツボヤキ日記★TUBOYAKI DIARY]
■映画『オペレッタ狸御殿』監督:鈴木清順 主演:チャン・ツィイー オダギリジョー  ●どうもどうも〜お騒がせのツボヤキです。 さて、それで... [Read More]

Tracked on Saturday, February 26, 2005 at 03:11 AM

» ■メモワール・オブ・ア・ゲイシャ Memoirs of a Geisha 主演チャン・ツィイー [ツボヤキ日記★TUBOYAKI DIARY]
■Memoirs of a Geisha メモワール・オブ・ア・ゲイシャ 今夜は、チャン・ツィイー繋がりで一部話題に上っている「メモワール・オブ・ア・ゲイ... [Read More]

Tracked on Saturday, February 26, 2005 at 03:12 AM

» ■メモワール・オブ・ア・ゲイシャ Memoirs of a Geisha 主演チャン・ツィイー② [ツボヤキ日記★TUBOYAKI DIARY]
      Cast Zhang Ziyi  Michelle Yeoh    Gong Li           Ken Wata... [Read More]

Tracked on Saturday, February 26, 2005 at 03:13 AM

» 2046(2004/香港) [虫干し映画MEMO]
監督: ウォン・カーウァイ 出演: トニー・レオン 木村拓哉 コン・リー フェイ・ウォン チャン・ツィイー カリーナ・ラウ チャン・チェン ドン・ジェ マギー... [Read More]

Tracked on Saturday, February 26, 2005 at 07:46 PM

» 「2046」。人がどう評価しようとも [The Nightfly]
観ていて途中、「これ今年のナンバーワンだわ」と思った。 作品は決して観る側に起承転結を投げかけては来ない。ひたすらずっとウォン・カーウァイ監督の世界一... [Read More]

Tracked on Saturday, February 26, 2005 at 11:35 PM

» 2046 [30歳独身男Kazuakiの映画日記]
「ハウルをどうこう言う前に、こっちのキムタクのほうがヤバいでしょ。こんなにも眠かった作品もめずらしい。」 今日3本目は「2046」を観てきました。公開直後に観た... [Read More]

Tracked on Sunday, February 27, 2005 at 09:25 AM

» 『2046』 [京の昼寝〜♪]
■監督 ウォン・カーウァイ ■キャスト トニー・レオン/木村拓哉/コン・リー/フェイ・ウォン/チャン・ツィイー/カリーナ・ラウ/チャン・チェン/マギー・チャン ... [Read More]

Tracked on Sunday, February 27, 2005 at 04:35 PM

» 初恋のきた道 [愛すべき映画たち]
我的父親母親/THE ROAD HOME(2000/米=中国)【監督】チャン・イーモウ【出演】チャン・ツィイー/スン・ホンレイ/チョン・ハオ山あいの小さな村を舞... [Read More]

Tracked on Sunday, February 27, 2005 at 08:15 PM

» 2046 [日々徒然ゆ〜だけ]
 2時間強,1人の男の恋愛余太話を延々愚痴まじりで聞かされてごらんなさい。日常の疲れが何倍にもなってくるだろうが。それを大金はたいて作って,見せるために金取って... [Read More]

Tracked on Monday, February 28, 2005 at 11:51 PM

» 中国美女 [世界極上美女図鑑]
中国を代表する国際女優,章子怡(チャン・ツィイー)。 正統派のとびきり東洋美女ですが,この写真はかなりセクシー狙ってます。ホント色っぽいです。 ファンサイト... [Read More]

Tracked on Sunday, March 13, 2005 at 04:58 PM

» 2046 [Cinema-Absolutism]
2046  2004/香港 ★★★★★ 監督 ウォン・カーウァイ 出演 トニー・レオン / チャン・ツィイー / フェイ・ウォン / コン・リー /   ... [Read More]

Tracked on Tuesday, April 05, 2005 at 07:36 PM

» 『2046』(4回目) [ぺぺのつぶやき]
『2046』(1回目の感想) 『2046』(2回目の感想) 『2046』(3回目の感想) ネタバレです、注意 映画『花様年華』で愛した、夫のある... [Read More]

Tracked on Thursday, April 07, 2005 at 12:15 AM

» 2046 今年の84本目 [猫姫じゃ]
2046   130分、返せ。 これ以外、言うことなし。 映画館で見ていたら、金返せ! ね。 ぁ、ごめん、途中から、1.3倍速で見たんだ、、、 1.5倍速だと、ちょっとせりふが聞き取れなかったので、、、 だから、130分までは、無駄にしなかったわ。 .... [Read More]

Tracked on Tuesday, May 03, 2005 at 11:18 PM

» 2024 [cube1555.com]
俺と一緒に行かないか。キムタクの台詞。予告編でも、あんなに印象的に、してたのに。・・えっ?出番、こんだけ? えっ?えっ?なんだか知らないが、『花様年華』なる映画の続編らしい。見る前に知ってれば、先にこっちを観たかも知れないのにな。残念。だって、つまり、...... [Read More]

Tracked on Saturday, May 14, 2005 at 08:30 PM

» 2046 [ケイティの映画的生活]
レントラックジャパン 2046 あらすじ…  1967年の香港。新聞記者から物書きへ転向したチャウは、  これまで何人もの女たちと刹那的な情愛を繰り返していた。  ある日、彼はとあるホテルの2046号室に泊まることに。  そして、宿泊先のオーナーの娘ジンウェン... [Read More]

Tracked on Saturday, September 17, 2005 at 08:24 AM

» 不治の病?SAYURI病〜そしてアン・リー監督のこと [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 「SAYURI病」が治らない。21世紀のサユリストになってしまったようだ。アーサー・ゴールデンという人の原作本「さゆり」(文春文庫、上下)も買ってきた。これが非常に面白い。もとの京言葉、花街言葉を再現しているから、映画とはまた違った楽しみ方ができる。米....... [Read More]

Tracked on Wednesday, December 14, 2005 at 11:42 PM

» 原点は「初恋のきた道」〜張藝謀賛歌 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 チャン・ツィイーの写真を掲載したくて、また記事を書く羽目になった。2回連続だ。チャン・ツィイー関係のいろいろなブログをたどっていくうち、デビュー作「初恋のきた道」(チャン・イーモウ監督、2000年)のことが濃厚に思い出されてきた。あるブログで「初恋…」....... [Read More]

Tracked on Friday, December 16, 2005 at 12:00 AM

« Stevie Wonderの新作は四月発売?。まだ予断は許さず。 | Main | 忌野清志郎のライブに井上陽水が飛入り出演 »