« February 2005 | Main | April 2005 »

映画「MOOG/モーグ」。そして、スティーヴィー・ワンダー。

映画「MOOG/モーグ」
マニアックな映画だった。ミュージシャンが自由に音を創って演奏することが出来る電子楽器、シンセサイザーの祖、MOOGに関する映画である。

MOOG|ドキュメンタリー映画「MOOG」〈モーグ〉

Moog [SOUNDTRACK] [FROM US] [IMPORT]
Moog [SOUNDTRACK] [FROM US] [IMPORT]/Original Soundtrack(2004/09/14)
Moogの音を知らない方、上記で、映画の中の曲が30秒ずつだけど、試聴出来ます。


鉄腕アトムの御茶ノ水博士みたいなじいさんになってたMOOG博士(鼻は別に大きくない)とかつての仲間が、MOOGシンセサイザーが世に出た頃を、懐かしく振り返る。

Continue reading "映画「MOOG/モーグ」。そして、スティーヴィー・ワンダー。"

| | Comments (25) | TrackBack (8)

岡部幸雄JRA元騎手は井上陽水と同い年

しばらく競馬の予想記事を休んでいても、競馬は続く。かすかな望みを繋ぎつつ馬券は買っているのだけれど、土曜のオペラシチー(日経賞(G2)三着)は今一つ。日曜の高松宮記念(G1)は、狙ったプレシャスカフェ(蛯名)の三着とアドマイヤマックス(武豊)の一着は良かったのだが、もう一頭、タマモホットプレイ(本田)が七着で狙い過ぎ。

気を取り直して、本題。今更ながら、岡部幸雄元JRA騎手の話題。

Continue reading "岡部幸雄JRA元騎手は井上陽水と同い年"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Stevie WonderのNew Single「So What the Fuss」を視聴

四月だか五月だかに出るという新作アルバム「A Time 2 Love」に先立って発売されるシングル曲「So What the Fuss」をstevie-wonder.comで視聴した。


So What the Fuss [MAXI] [SINGLE] [FROM UK] [IMPORT]
So What the Fuss [MAXI] [SINGLE] [FROM UK] [IMPORT]
Stevie Wonder(2005/05/16)
ソー・ホワット・ザ・ファス [MAXI]
スティービー・ワンダー(2005/04/29)

Continue reading "Stevie WonderのNew Single「So What the Fuss」を視聴"

| | Comments (10) | TrackBack (3)

地球儀を探す

「GLOBAL BEARING」(過去記事:透明な地球儀(メディアアート))のせいか、何となく地球儀が欲しくなってしまった。気が付いたらamazonで色々、探してる。

Continue reading "地球儀を探す"

| | Comments (13) | TrackBack (0)

「ひまわり6号」は順調

2月26日、打ち上げられたH-IIAロケットから分離された運輸多目的衛星新1号(MTSAT-1R)が、3月8日、無事、予定の静止軌道に入っていた。取り敢えず、良かった。後は、ちゃんと、仕事するかどうか。

Continue reading "「ひまわり6号」は順調"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

透明な地球儀(メディアアート)

プラズマテレビみたいな大きな画面が床に置いてあって、その中に、透明な地球儀が大写しになっている。日本科学未来館での期間限定展示企画「アースラウンジ シリーズ Vol.3 Where am I ? ――宇宙のなかの私の位置」で観た、若手アーチスト平川紀道氏(多摩美術大学メディア研究室)の「GLOBAL BEARING」のコンセプトモデルである。

Continue reading "透明な地球儀(メディアアート)"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

blog短期放牧明け

少し、当blogの更新をお休みしていました。
JRAの岡部幸雄騎手が引退発表したせいでも、シンコウラブリイの甥っ子のキングストレイルが骨折してスプリングSを回避したショックでもなく、ただ、個人的に色々と、忙しかったから。

Continue reading "blog短期放牧明け"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ディープインパクトの弥生賞(G2)は観てるだけ

先週末、仕事がいよいよ切羽詰って、土日にしわ寄せが。いやぁ、終わらないかと思ったけれど、今週、火曜の夕方には無事、一段落。いやぁ、為せば成るもんだ。

一応、最近の馬券成績は、回収率が順番に、180%、0%、110%、0%、42%、0%、180%、0%。順番からいくと、今度は、当たる番。だけど、今回は、じっくり、予想もする余裕がないので、馬券購入は、見送り。土曜日の牝馬クラシックの注目レースのチューリップ賞も、皐月賞を目指す牡馬の注目レース弥生賞(G2)も、買わずに観ているだけでした。

Continue reading "ディープインパクトの弥生賞(G2)は観てるだけ"

| | Comments (24) | TrackBack (0)

土岐麻子LIVE in STB139レポート

「STANDARDS on the sofa~土岐麻子ジャズを歌う」での、あまりにも、切なく可憐な「Another Star」の声に惹かれて、2005/03/04 FRI、六本木スイートベイジルでの土岐麻子さんのライブに行ってきました。

Continue reading "土岐麻子LIVE in STB139レポート"

| | Comments (10) | TrackBack (2)

Bank BandのライブDVDが3/30発売

井上陽水トリビュートアルバム「YOSUI TRIBUTE」での熱い「限りない欲望」の演奏が印象的な櫻井和寿、小林武史を中心としたBankBandのLIVE DVDが出る。限定盤のCD「沿志奏逢」は良いアルバムでしたからね。楽しみです。

Continue reading "Bank BandのライブDVDが3/30発売"

| | Comments (8) | TrackBack (2)

ひとり股旅スペシャル@広島市民球場by奥田民生のDVD

TOKYO HEADLINEという毎週月曜日発行のフリーペーパーを何気なく観ていたら、最終頁全面に、「ひとり股旅スペシャル@広島市民球場」のDVDの宣伝が。あー、そうかぁ、もう発売されてたのか。2004/02/23だ。

Continue reading "ひとり股旅スペシャル@広島市民球場by奥田民生のDVD"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

第77回アカデミー賞。「ミリオンダラー・ベイビー」が作品賞、監督賞。「Ray」は主演男優賞。

2月27日(日本時間28日)、第77回アカデミー賞で、先日の第47thグラミー賞でのレイ・チャールズ並に、大活躍を見せたのは、クリント・イーストウッドだったようです。クリント・イーストウッド監督出演の「ミリオンダラー・ベイビー」が、作品賞、監督賞、助演男優賞(モーガン・フリーマン)、主演女優賞(ヒラリー・スワンク)の最多4部門を受賞。

Continue reading "第77回アカデミー賞。「ミリオンダラー・ベイビー」が作品賞、監督賞。「Ray」は主演男優賞。"

| | Comments (10) | TrackBack (15)

[回顧]中山記念(G2)のペリエも、阪急杯(G3)のギャラントアローも為す術なし。

仕事しろ~、という内なる声に耳を貸さない訳じゃないが、昨日から、ちょっと、俺、ツイているんじゃないかと、気が付けば、新宿の場外へ。おとなしく、家で観てれば良かったと悟ったのは、全てが終わった後だった。

Continue reading "[回顧]中山記念(G2)のペリエも、阪急杯(G3)のギャラントアローも為す術なし。"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

« February 2005 | Main | April 2005 »