« Bank BandのライブDVDが3/30発売 | Main | ディープインパクトの弥生賞(G2)は観てるだけ »

土岐麻子LIVE in STB139レポート

「STANDARDS on the sofa~土岐麻子ジャズを歌う」での、あまりにも、切なく可憐な「Another Star」の声に惹かれて、2005/03/04 FRI、六本木スイートベイジルでの土岐麻子さんのライブに行ってきました。

十五分前に入った受付のカウンターで、いきなり、BGMが、「Another Star」の出だしの「ふぉー、ゆー」。もうそれだけで、何か、良い感じ。案内された席に付いて、早速、一杯、千円近いビールのグラスを片手に、早々と、臨戦体勢。

場内が暗くなり、まずは、一曲目。土岐麻子さんは登場せず、その背後を固める布陣、大石学(pf)、ハル高内(g)、坂井紅介(b)、セシル・モンロー(ds)、土岐英史(sax)による演奏。ベース以外のそれぞれが、存分にソロを取って、確かな技術を見せ付けます。土岐麻子さんのお父さんの土岐英史(sax)さんは、真ん中で、全体のバランスに気を配りつつ、丁寧にプレイしている感じ。

終わって、土岐英史さんが、「土岐麻子です」と紹介して、さっと、二曲目。
Just One Of Those Thing
唄い終わって、土岐麻子さんが、軽く、メンバー紹介。

最初に、土岐英史(sax)。「似てますか」と自分から、観客に振ったりしてました。言われてみると、確かに、斜め前方から眺めたお二人の頭の形は、似ているかも知れませんね。

各メンバーを順に紹介していって、最後は、大石学(pf)。「大石さんは、(私が)小さい頃から知っていて、良く、酔っ払ったお父さんを連れて帰ってきて下さったのを見てました。今日は、親子共々、お世話になります。」なんて、言ってました。

全員を紹介し終わると、「次は、大好きなスティーヴィー・ワンダーの曲です。」と言って、いよいよ、きたぁ~。
Another Star
イントロは、ついさっき、エピソードが出た大石学さんのエレキピアノの音。アルバムには、入っていない、雰囲気のあるイントロで、私の頭の中で、ちらと、星空が見えましたよ。そして、ギターが入って、後は、ボサノバ風に。

土岐英史さんのsaxは、不束な娘の唄は、まだまだ、皆さんにお聞かせするのは頼りないから、俺がちゃんと、聴かせてやらないと、というフォロー精神満載な感じ。に、見えたのは、もしかしたら、先入観だけのせいかも知れませんけれど。でも、そう思って観れば観る程、メンバー全員が、「麻子ちゃん、ちゃんとやれよー」、と言っているように見えてきてしまいます(笑)。

続けて、二曲。
The Good Life
Like Someone In Love
実は、もう、この時点で、あんまり、気持ち良くなってたので、この辺の曲名は既にあやふや。

Human Nature
「マイケル・ジャクソンの「Human Nature」なんですけど、奇麗な感じがしたから、唄う事にしたんだけれど、いざ、唄ってみたら、歌詞がとても、男の人の物っぽくて」というような事を話していたのは覚えている。そういうちょっとしたギャップも面白いぞと普段は言う所だけれど、もはや、気持ち良く聴いているだけのおじさんには、英語の歌詞の中身を判断する能力は残っていないのでした。

その後、何曲も、I've Got You Under My Skinとか、Everbody wants to rule the worldなどを唄っていたのはなんとか覚えてるけど、その他の詳しい所は、判然としない。おおよそ、彼女のソロ二作のアルバムに収録されてた曲から、選ばれていたような気がする。

時にしっとりと。時に、軽やかに、間に、「じっくり座って聴いて戴けるようなライブは初めてなので・・・」などというちょっと、緊張しつつのトークを挟みつつ、ライブは続きます。私は、もう適当に気持ち良くなってて、適当に体を揺らしつつ。

そして。「去年、二枚、Jazzのアルバムを出したのだけれど、Jazzを唄ってみたいなと思ったのは、三年前で、それは、この曲を聴いた時、初めて、唄ってみたいなと思いました」というエピソードと共に、
My Favorite Things
大石学(pf)と、坂井紅介(b)のみのシンプルなバックに、土岐麻子さんの声が響く。

途中から、それまで縁の下の力持ち役に徹していた坂井紅介(b)がアドリブ演奏に入ります。これが、徐々にヒートアップ。これまで、控えていたパワーを一気に解き放つかのような熱演。ここで、明らかに、流れが変りました。

東京競馬場のレースに例えると、三コーナー、大欅の向こうを過ぎた当りの勝負所。どちらかといえば、それまで、淡々と流れていたペースが一気にペースアップした趣き。更に、アドリブが大石学(pf)さんに受け継がれると、これがまた、輪をかけて、ぐわーっと、弾きまくり、これでもかと盛り上がり、最高潮に達しようという所で、「さぁ、行け、麻ちゃん」(と呼ぶのかどうかは知らない)とばかりに、土岐麻子さんに視線を送る。

先日、種子島から打ち上げされたH-IIAロケットでいくと、地上2000kmで、人工衛星を分離発射させる所ですね。打ち上げ中継では、分離成功!という所で、パチパチと拍手が起こり、そこで、一段落、という感じでしたが、大石さんから、バトンを受け取った土岐麻子さんは、ここからです。それまでより、ギアを一段も二段も上げた感じで疾走。初めから、無理なペースで飛ばしてきた訳でなく、しっかり、余力充分に、四コーナーを回って、いよいよゴール前、最後の直線に差し掛かります。

一気に
Feelin' Good
になだれ込み。控えていた他のバックメンバーも全員揃って、ゴール前の急坂をものともせず、熱いパフォーマンスを披露してゴールイン!。良かったです。演奏終了と共に、称賛の拍手。

そして、「深い時間なので、これで最後です」といいつつ、これは、競馬でいうと、ウイニングランという感じで軽やかに
September
を、全員で演奏。途中、再び、メンバー紹介をしつつ、明るくフィナーレ。

この一連の流れは、ああ、やっぱり、ライブに来て良かったと思わせるものでした。

アンコールは、
星に願いを(When You Wish Upon A Star)
を、大石学さんのピアノと土岐麻子さんだけで、しっとりと。

八時開演で、ここまでが、九時半過ぎだったでしょうか。後、一時間半、たっぷり堪能した位なものでした(笑)。

以上、結構、曲名とかは、自信がないまま、記事にしてしまいました。もし、このライブをご覧になった方が幸いにも、この文章を目にされて、何か、気付かれた事があれば、コメント、戴けると、有り難いです。

土岐麻子official web site

STANDARDS on the sofa~土岐麻子ジャズを歌う~
STANDARDS on the sofa~土岐麻子ジャズを歌う~/土岐麻子(2004/11/10)
私が一発でやられた可憐な歌声の「Another Star」収録

キー・オブ・ライフ<リマスター・エディション>
キー・オブ・ライフ<リマスター・エディション>/スティービー・ワンダー(1976)
Songs in the Key of Life[IMPORT]/Stevie Wonder(1976)
「Another Star」オリジナルは、盛り上がって8分9秒。[IMPORT]のリンク先で、ちょっぴり試聴出来る。


|

« Bank BandのライブDVDが3/30発売 | Main | ディープインパクトの弥生賞(G2)は観てるだけ »

Comments

TBありがとうございます。
楽しんでこられたようですね。
曲目は、名古屋の時とはすこし違っていたようですが、
お父さんがよっぱらった時のエピソードは話してくれました。
また、観に行きたいです。

Posted by: かおりん | Sunday, March 06, 2005 at 09:12 PM

かおりんさんお久しぶりです。
>また、観に行きたいです。
そうですね。この先、どんな風になっていくのか、とても、楽しみです。

Posted by: chic | Wednesday, March 09, 2005 at 06:39 AM

土岐さんライブ、いいですね!
ところで、小心者のオヤジの立場から聞いてみたいのですが、客層はどんな感じでしたか?シンバルズ時代からのファンもいると考えると、通常のジャズコンサートよりちょいと若めではないか?と邪推しているのですが・・・・。ではでは。

Posted by: 山城守 | Wednesday, March 09, 2005 at 10:39 PM

そうだ、観客層について、書いていませんでした。
やはり、かなり、若い感じがしました。
20代後半とおぼしき男女の姿を多数、見掛けましたから。

終演後にアナログLPアルバム(限定盤?)を売っていて、それにサインを貰ったり、写真を撮ったり、握手しようと、土岐麻子さんのお友達世代の人達が列を為していました。
流石に、私は、それを、遠目に眺めているだけでしたが(笑)。

昔は、「人の上に人が重なるような」観客を前にライブしていたそうですが、今回は、ちゃんと、「じっくり座って、聴ける」ライブだったので、オヤジでも、全然、平気でした。

Posted by: chic | Thursday, March 10, 2005 at 12:27 AM

STB風邪ひきまくってチケとってたのにいけず。。
なので読めてよかったです。
麻子さんを大好きなSTBでみたかった。。
お父様と麻子さんってやっぱにてますよね。
雰囲気も。
麻子さんの活動も来年はもっとアクティブになるみたいなこと
ご本人がいってたので(インスト)楽しみ!!
ライブ会場にいく仲間も4人になりました。
皆掲示板やブログで知り合った麻子仲間です、麻子さんが
大好きな点で一緒!
よかったら遊びにいらしてください(ブログ)
まだ2月くらいにならないと記事はアップできないのですが汗
今ばたばたしてまして。。がんばります

Posted by: ひろこ | Friday, December 09, 2005 at 06:05 PM

I love your blog.. very nice colors & theme. Did you design this website yourself or did you hire someone to do it for you? Plz reply as I'm looking to design my own blog and would like to know where u got this from. appreciate it

Posted by: best dating sites | Wednesday, December 24, 2014 at 07:01 PM

Have you ever considered creating an e-book or guest authoring on other websites? I have a blog centered on the same ideas you discuss and would really like to have you share some stories/information. I know my visitors would appreciate your work. If you are even remotely interested, feel free to send me an email.

Posted by: best dating sites | Friday, December 26, 2014 at 06:11 AM

Fine way of explaining, and pleasant piece of writing to get information regarding my presentation focus, which i am going to deliver in academy. blogesaurus.com quest protein bars

Posted by: buy quest bars australia cheap | Sunday, January 25, 2015 at 04:42 AM

Greetings from Carolina! I'm bored at work so I decided to check out your blog on my iphone during lunch break. I enjoy the knowledge you provide here and can't wait to take a look when I get home. I'm surprised at how quick your blog loaded on my phone .. I'm not even using WIFI, just 3G .. Anyways, amazing site!

Posted by: minecraft free download full version | Sunday, February 08, 2015 at 05:07 PM

You can certainly see your skills within the article you write. The sector hopes for even more passionate writers such as you who aren't afraid to say how they believe. All the time follow your heart.

Posted by: minecraft free download full version | Wednesday, February 11, 2015 at 05:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28782/3187565

Listed below are links to weblogs that reference 土岐麻子LIVE in STB139レポート:

» 土岐麻子ライブ@スイートベイジル [★ Yukari's Cap of Tea ★]
はじめまして。 トラックバックありがとうございます。 早速、レポ読ませていただきました。 あやふやと言いつつ、詳しくレポ書かれていらっしゃって色々と思い出... [Read More]

Tracked on Sunday, March 06, 2005 at 02:04 AM

» 土岐麻子 ライヴ・レポート [MUSIC♪HOLIC]
昨日、名古屋ブルーノートへ、土岐麻子のライヴを見に行きました。 ブルーノートに行くと、アンケートがあって、「見てみたいアーティストは?」という質問があるんです... [Read More]

Tracked on Sunday, March 06, 2005 at 09:13 PM

« Bank BandのライブDVDが3/30発売 | Main | ディープインパクトの弥生賞(G2)は観てるだけ »