丸ビルでプラネタリウム

去年、ギネスに「世界で最も先進的なプラネタリウム」として認定されたMEGASTAR-Ⅱの3号機「MEGASTAR-Ⅱ-Cosmos(メガスターII コスモス)」。MEGASTAR-Ⅱシリーズは、現在、お台場の日本科学未来館と川崎の青少年科学館に常設されている。これの移動特別上映が、東京丸の内の丸ビルで開催されている(4/23 SATまで)。マルキューブと名付けられたビルの吹き抜け部分に白い直径10mのエアドームが設置されて、その中が満天の星状態となるらしい。入場無料。で、行ってきました。


上映30分前に配布される整理券を求めて並ぶ列50人余り。無事、整理券を手にしてから後30分、15分程度の上映の為に待つ事になるのだけれど、それだけの事はありました。中は別世界です。

Continue reading "丸ビルでプラネタリウム"

| | Comments (2) | TrackBack (2)

地球儀を探す

「GLOBAL BEARING」(過去記事:透明な地球儀(メディアアート))のせいか、何となく地球儀が欲しくなってしまった。気が付いたらamazonで色々、探してる。

Continue reading "地球儀を探す"

| | Comments (13) | TrackBack (0)

六本木TUTAYAでクラビノーバ

新宿のビックカメラにパソコン関連の品を買いに行った時、ふらふらとエスカレーターを途中下車して、鍵盤楽器売場を冷やかす事がある。鍵盤楽器は良い。押せば音が出るから。ギターはそういう訳にはいかない。ギターが上手な人に、激しく憧れを抱く所以である。

Continue reading "六本木TUTAYAでクラビノーバ"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

長谷川京子の「Key Of Life」

12月に入りました。いよいよ師走。忠臣蔵からクリスマスに掛けて、街中が、一年で一番盛り上がっていく季節。いつも、その流れに乗り遅れてしまうきらいがある私は、今日、コンビニに置いてある雑誌「anan」の表紙(12/01発売号)にぐっときてしまいました。誰かと思えば、長谷川京子ちゃん。昔は、女性誌を立読みするのに、ちょっと、抵抗もありましたが、最近は、あんまり気にしないで、有無を言わさず、中身をチェック。なかなか良い。レジには持っていきませんでしたが。

Continue reading "長谷川京子の「Key Of Life」"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

井上陽水カルタがあったら

岩波書店一ツ橋ビルの1Fエントランスホールでやっている「いろは歌留多いろいろ展」(2004年11月10日-17日迄)を観て来た。「岩波いろはカルタ辞典/時田昌瑞」(岩波書店)刊行記念の催しらしい。

Continue reading "井上陽水カルタがあったら"

| | Comments (49) | TrackBack (0)

「沿志奏逢」のジャケットとアンディ・ウォーホール

一つ前に記事で取り上げた小林武史と櫻井和寿が中心となって出したチャリティーアルバム「沿志奏逢(そうしそうあい)」のジャケットのデザインには、本歌というか、井上陽水の「ワカンナイ」に於ける宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」のような元があるんだそうである。

それは、「ベルベット・アンダーグラウンドの、あの有名なバナナのジャケット。手掛けたのは、アンディ・ウォーホール。」というのだけれど、私は知りませんでした。

Continue reading "「沿志奏逢」のジャケットとアンディ・ウォーホール"

| | Comments (13) | TrackBack (0)

Stevie Wonderも魅せられた明珍火箸の音

39.5度まで気温が上がった日の事を思えば、30度をちょっと越えるくらいだったら、随分、涼しいように感じてしまいますが、まだまだ、暑い夏。近くの公園では、蝉がけたたましく精一杯の自己主張を繰り返している。

そんな中、私の、東京のヒートアイランド化にささやかに抵抗する秘密兵器(?)が、簾と風鈴、打ち水の三点セット。簾は、近所のスーパーで162円で買ってきた、どうって、ことのない奴なのだけれど、この風鈴が、ちょっと、自慢の品。名前を明珍火箸(みょうちんひばし)という。姫路の伝統工芸品で、その妙なる音には、かのスティーヴィー・ワンダーも心打たれたという逸品なのだ。

Continue reading "Stevie Wonderも魅せられた明珍火箸の音"

| | Comments (23) | TrackBack (0)

ハンドロールピアノにびっくり

丸ビルの中の、山野楽器をふらふらしていたら、こんなのを見付けてしまった。


★即納できます!★【NEWバージョン】《ACアダプターサービス!》ハンドロールピアノ49K
★即納できます!★【NEWバージョン】《ACアダプターサービス!》ハンドロールピアノ49K
↑楽天ICHIBA楽器天国

うおっぉ、なんじゃこりゃあ。凄ぇ。ぺらぺらピアノ。鍵盤がシリコンラバー。脇のコントロール部分がABS樹脂。重さは850g。くるくる巻物状に丸めてしまえる形のインパクトは抜群。キーボードは、ギターやウクレレなんかに較べるとどうしても携帯性に欠けるのですが、これだったら、宴会の場所に気軽に持ち込む事も出来そう。ま、広げる場所はいりますが。

Continue reading "ハンドロールピアノにびっくり"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おもちゃ売場で「Sir Duke」~バンダイ Little Jammer(リトルジャマー)

新宿の東急ハンズに行ったら、入って、エスカレータに向かう途中で、いきなり、スティーヴィー・ワンダーの「Sir Duke」が聞えてきて、ぴたっと足が止まってしまった。

リトルジャマー meets KENWOOD
リトルジャマー meets KENWOOD/バンダイ

五人のおもちゃのミニチュアが、音楽を奏でてる。ドラム、ギター、ウッドベース、サックスにピアノの五人編成。それぞれのプレイヤー毎にスピーカーが付いていて、演奏内容に合わせて、それぞれが、ちゃんと、動いてみせて芸が細かい。ちゃんと、キーボードは、右手と左手を使い分けてるし、ドラムも、ハイハット叩くのと、バスドラを脚で叩いてるし。Saxの高音部分がやや、ちゃちな気がしないでもないけれど、それを含めても、とても、愛嬌があるおもちゃである。観ていて、ずっと、釘付け。アレンジも、演奏がヒートアップすると、テンポが速くなって、最後、Saxがアドリブ決めてくれるし、なかなか楽しかった。結局、丸々一曲、聞き終わるまで、その場を動けなかった。

Continue reading "おもちゃ売場で「Sir Duke」~バンダイ Little Jammer(リトルジャマー)"

| | Comments (290) | TrackBack (0)