blog短期放牧明け

少し、当blogの更新をお休みしていました。
JRAの岡部幸雄騎手が引退発表したせいでも、シンコウラブリイの甥っ子のキングストレイルが骨折してスプリングSを回避したショックでもなく、ただ、個人的に色々と、忙しかったから。

Continue reading "blog短期放牧明け"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

パソコン壊れてあたふた

パソコンが壊れた。何の前触れもなく、電源を入れて、Windowsのロゴマークが出た後、いきなりブルーバックの画面が出て、云とも寸ともいわなくなった。safeモードで立ち上げようとしても同じ。

Continue reading "パソコン壊れてあたふた"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

トラックバックスパムが

パソコンが壊れた。
何とかネットに繋げる環境を用意して、三日ぶりに、サイトにアクセスしたら。
大量のトラックバックスパムが届いていた。
頭痛い。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

翻訳ソフトで変換また変換

翻訳ソフトネタの記事もこれで、四つめ。今回は、Google以外の翻訳ソフトを試してみました。このサイトの副題

競馬と陽水とStevieに溺れる日々

を英語に訳してみます。

Continue reading "翻訳ソフトで変換また変換"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Googleの翻訳機能による面白変換

前の記事で、Googleの英語サイトの翻訳機能を使って、日本語で書かれた私のサイトを英語に訳してみたら、このサイトの副題「競馬と陽水とStevieに溺れる日々」が、「 - horse racing and the positive water and the everyday life which is drowned to the Stevie -」になった事を指摘しました。

Continue reading "Googleの翻訳機能による面白変換"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

陽水を英語で訳したら

Google.co.jpの日本語サイトに英語を日本語に訳す機能が付いているなら、その英語サイトには、日本語のサイトを英語に翻訳する機能があるだろう。という事で、Google.co.jpから、「Google.com in English」のリンクを辿り、英語サイトGoogle.comに行きます。そこで、折角ですので、この私のサイトを検索してみたら、案の定。横には、[ Translate this page ]というリンクが付いてました。

Continue reading "陽水を英語で訳したら"

| | Comments (10) | TrackBack (0)

Googleの翻訳機能を使いstevie-wonder.comを読む

Google.co.jpでの検索結果に英語サイトが出て来ると、横に、[ このページを訳す BETA ]というリンクが表示される。クリックすると、その英語サイトを、日本語に翻訳してくれる。例えば、こんな風。

Continue reading "Googleの翻訳機能を使いstevie-wonder.comを読む"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

青山ブックセンターがブックファーストになって

08/08 日曜日、青山ブックセンター新宿ルミネ2店の後に入居したブックファーストに行ってみた。

店内に、Jazzが流れていた。駅ビルの四階という好立地もあってか、以前と同じように、書棚の間で品定めしている沢山の人の姿が見える。全体的な印象は変らない。ま、同じ場所で、同じ商品を扱う店で、大幅な内装の変化がないとなれば、そんなものかも知れない。言黙(ことだま): ブック・ファースト開店さんの記事に、あるように、今回、慌しい、開店の中、「ブック・ファーストの色を出していくのはこれから」なのかもしれません。

Continue reading "青山ブックセンターがブックファーストになって"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ささやかなご褒美と鼻歌

日曜日の真夜中過ぎ、仕事が終わった。近くのコンビニ(セブン・イレブン)まで夜道を散歩。和風白くまを買う。400ml入りで、カロリー562kcalのビッグサイズ練乳かき氷。カップかき氷一個に380円也の贅沢。ささやかな自分へのご褒美である。行く道すがら、「A Place In The Sun」。帰りは、「Isn't She Lovely」。

| | Comments (28) | TrackBack (0)

スタンドライト修理顛末記(5):修理部品入荷

2004/07/14 問合せ
2004/07/25 部品入荷の連絡
2004/07/29 部品引取

ブッシング一体型のコードが1360円。器具カバーが360円だった。一瞬、値段が逆かなと思ったけれど、まぁ、どちらも、既製品では、ない事を考えると、こんなものでしょう。
肝腎の照明スタンドは、既に、自己流修理を施して、ちゃんと稼動してるので、折角、手に入った補修用部品ではあるが、また、九年後に壊れた時(?)の為のストックとして取っておく事にする。また、一から、分解して、コード繋ぎ直したりするのも、面倒臭いし。

| | Comments (8) | TrackBack (0)